YouTubeもいいけど先生の生演奏もどうぞ

2021年05月07日 生徒さんたちのレッスン

ピアノを習っている生徒さんの中には「YouTubeを見て真似しで弾いた!」と、楽譜なしの見よう見まねで弾いている子がよくいます。

ピアノ教室に入る前にYouTubeを見て独学でピアノを弾いていた生徒さんもいるくらい。

YouTubeだけで、ピアノを弾いてみることは可能だと思います。

やる気を出させたり、こんなふうに弾きたいなぁと憧れを持ったり、いろんなきっかけづくりになるのでどんどん見てほしいです♪

YouTubeの◯◯ちゃんは全部耳コピなんだってよ!

と教えてくれた生徒さんは、レッスンでは和音の転回形を習っています。

自由に好きな曲を弾くユーチューバーさんの音楽と比べると、面白くない練習だよね…。

でも、こんな楽しみ方もあるよ♡

どうしてこの面白くない転回形だけの練習をしているかは、こういう仕組みだよ♪

一つ一つの退屈な練習も捉え方や、アプローチ、どうして必要か、どう活かせるかを知ると前向きに取り組めます。

和音を自由に操るとこんな◯◯出来るんだから♪

たぶんYouTubeでもこんなのよく出てくるでしょ?!

今日は、譜読みはおいといて、見ることに全集中する「目コピ」と音を聞いて覚える「耳コピ」をやってみました。

先生のアレンジ演奏をYouTubeを見るみたいに見ててね♪

間近で見る生演奏は、手指の動き、身体の動き、音の醍醐味など、画面越しにはない体感があります。

ユーチューバーには負けないぞ!(って気持ちで弾きました)

ピアノのレッスンでは、生の演奏と、生のグランドピアノの音質、ピアノ教室で生の人間(先生)とコミュニケーションを取りながら進める付加価値を十分に伝えたいと思います。

画面越しもいいけど、人の人とのコミュニケーションの中で、そこで生まれる音楽と世界観って大切なことです。

演奏会やライブなどの生演奏が、心身ともに豊かに健康に生きていく上で必要なのは言うまでもありません。

またも緊急事態宣言が福岡にも発出されます。

換気、消毒、日頃の行動、心配な時はオンラインレッスンの活用など、緊張感を持って過ごしたいと思います。

画面越しのオンラインレッスンはオンラインならではのメリットを活かしたレッスンです。

いろんな良いところをうまく活用しながらひらめきと感性の豊かさを育んでいきたいです。

オススメ記事

  • 進度が遅い早いだけではないこと進度が遅い早いだけではないこと 「先生うちの子の年齢だったらどのくらい弾けたらいいでしょうか?もっと弾ける子もいるでしょう?」 こんな質問をされました。 気になる気持ち分かります。 我が子だったら誰よりも […]
  • 大人はピアノでつながる大人はピアノでつながる 現在、私が受け持っている生徒さんは主に「子供たち」ですが、レッスンには大人の生徒さんもいらっしゃいます。 今月は、大人の生徒さん対象の発表会も開催します❗️ そして、嬉しいこ […]
  • 発表会やコンクールを終えて思い出したライバルの存在発表会やコンクールを終えて思い出したライバルの存在 子供の頃、2人目に習った […]
  • 小学4年生のお試しレッスン小学4年生のお試しレッスン ピアノ歴4年になる4年生の男の子。 前のピアノ教室のご事情でレッスンを終えて数ヶ月が経つと、思うように弾けなくなってしまったそうです。 なので、お試しレッスンではピアノを弾く […]
  • いっぱい持ってるこの魚いっぱい持ってるこの魚 ピアノ講師ラボで見たレッスンアイデア「おさかなセット」。 うちに同じような魚がたくさんあるのでびっくりしました。 考えられた先生は「不細工なおさかななのでみんな笑ってくれます […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加