1オクターブ届くかな

2017年10月11日 ピアノの練習

「1オクターブかるくひろげてジャンプね~とどくかなぁ?」

「〇〇ちゃんがもうすこしおおきくなったらたかさがちがうドとドをいっしょにひけるよ~」

どちらも未就学の生徒さんとのレッスンでのひとコマ。

「小学生になったら届くよ~」と話して『とどくこと』に憧れを持ってもらえるように、高さの違う同じ音(1オクターブ違いの音)が出てきたら声をかけています。

先生の手を見せてちょっと自慢もしています。

「ほらすごいでしょ?」って。

よく小さい子って、それまで届かなかったちょっと高い所に届くと『届いたよー』って嬉しいですよね。

「高い所に手を伸ばして背伸びするようにピアノの鍵盤の上で時々やってみてね」と言うと、いつもお家でやってくれている生徒さんもいます。

「先生ここまで届くようになったよー」って途中経過を見せてくれる子もいます。

普段からそうすることは、指の間を自然と広げているトレーニングになっているのです。

届くようになっているかな?

今どのくらいまで届くかな?

あとどのくらいだろう?

楽譜に出て来て初めて『とどくかな?』とやってみるのではなく、その前から先行体験として投げかけています。

実は生徒の皆さんは気がついていないかもしれないけれど、そのような先行体験はたくさんあるのですよ。

何気ないレッスン中の会話でも、いずれピアノを弾くために必要なことへとつながっています。

さて、大きくなってピアノのテキストも進み、ギリギリ届きそうな場合は『はじめはたくさん間違おう❗️』

隣の音を踏んでしまってもいいから弾いているつもりでやってみるように言っています。

そうすると、いろんな発見があるのです。

右手は届きやすい

左手が届きやすい

白鍵は届きやすい

黒鍵が届きやすい

この曲のこの動きでは届く

いろいろやっていると自分の手のことがよーくわかってきます⭐︎

そして、知らぬ間に「あれ?もう届く⁉︎」と。

レッスンに来た時は(特にお家の楽器が電子ピアノの方は)本物のピアノで弾ける貴重なお時間。

間違ってもいいから、たくさんピアノをさわって、弾いて、レッスン時間めいいっぱい練習して帰って欲しいと思っています。

オススメ記事

  • 音楽的自立を促す音楽的自立を促す 指導目標の中に「一人で練習出来ること」があります。 卒業式前にレッスンに来られた受験生の中学生生徒さんは数ヶ月間レッスンに来ていませんでした。 だけど自分で譜読みして完成に近 […]
  • 電子ピアノの使い方電子ピアノの使い方 生徒さんの中にはおうちのピアノが「電子ピアノ」の生徒さんもいます。 ピアノの先生としては、やっぱりアップライトピアノ(電源をいれない本物のピアノ)をお勧めします。 ですが、電 […]
  • ピアノのレッスンお家の方のご協力ピアノのレッスンお家の方のご協力 いつもホームページをご覧くださってありがとうございます。 私のお教室ではとてもお子さんの子育てに対して熱心な方が多いと思います。 ピアノを習うにあたってもお家でしっかり話し合 […]
  • 練習は嫌いだけどピアノのレッスンは好き練習は嫌いだけどピアノのレッスンは好き 「家では全然練習しません❗️」(そう思われている保護者の方は多いのでは?) 『毎日練習する人』と『週に2回しか練習しない人』は進み具合に差が出て当然です。 だけど『個人レッス […]
  • いっぱい持ってるこの魚いっぱい持ってるこの魚 ピアノ講師ラボで見たレッスンアイデア「おさかなセット」。 うちに同じような魚がたくさんあるのでびっくりしました。 考えられた先生は「不細工なおさかななのでみんな笑ってくれます […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加