願っていること

2019年12月28日 ブログ

ピアノのレッスンを通して願っていることはピアノに向き合う心がいつも笑顔で音楽を奏でることで心が歌っていること。

いつも習いに来てくれる子たちが楽しく上達できるレッスンをしたいと思っています。

楽しいだけでなく上達につながるために工夫し丁寧に教え、わかりやすいレッスンを日々研究しています。(ピアノの先生のとして永遠の課題です)

講師歴うん10年となっても常に考え、悩み、学び続けていきたいです。

人と比べるのではなく、目の前にいる生徒さん一人一人の成長を一緒に喜び応援しています!

来年も心躍るレッスンが出来るように心新たに新年を迎えたいです。

オススメ記事

  • 前へ進むことが自信につながることも前へ進むことが自信につながることも 習い始めて2年が経った小学1年生の男の子。 レッスンへの集中力やその日の気分、毎回の様子に合わせて、〇〇くんの好きなことからレッスンは始まります。 最近のお気に入りは指番号の […]
  • お待ちかねのレッスンお待ちかねのレッスン 少し前にお試しレッスンに来てくれた年長さんの男の子。 お試しレッスンの後に「レッスン開始」を希望されていました。 本来なら翌月からレッスンが始まるのですが、こちらの時間の都合 […]
  • ピアノ勉強会と自分のレッスン:「〜らしさ」とは?ピアノ勉強会と自分のレッスン:「〜らしさ」とは? 週末はピアノの勉強でした。 午前中はピアノ講師が集まる勉強会。 午後は自分の個人レッスンを受けました。 勉強会では子供のレッスンにおける「近現代の作品」について。 […]
  • 次に弾くのは何の曲次に弾くのは何の曲 昨日の大人の発表会では、発表会が終わった直後の歓談の場で「次に何を弾こうかしら」という話題が出てはお話が盛り上がっていました⭐︎ 本番までは本番の曲を中心に練習しますので終わっ […]
  • お子様のピアノレッスンに付き添う楽しみお子様のピアノレッスンに付き添う楽しみ 毎回のピアノのレッスンをすぐそばで見ていると感じるお子様の成長。 どの子もある程度大きくなるとレッスンにはお一人で来られるようになりますので、親子で来るピアノレッスンの時間は小 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加