頑張る中高生✨

2015年11月25日 ブログ

子供の頃から続けて、いつピアノのレッスンを終えよう…。私はその終える日が決められなくまだ続けています。
これまで教えた子は、「高校受験まで」「大学受験まで」「就活まで」と長く皆さん続けていらっしゃいました♪(子育てしながら復活の方も✨)

小学校を卒業すると大きく生活スタイルが変わります。スイミングやそろばん、お習字はやめても、「ピアノは続けていたい」という子が多いように思えます。

それまでは、みんな「小学生」だったのが、進学した学校や学校生活からそれぞれの生活スタイルが大きく変わり、また本人の目標や優先順位も違うので、中高生のレッスンは、さらにその子のペースに合わせたものになります。

例えば、 
♪部活と両立タイプ

♪塾と両立タイプ

♪部活&塾と両立タイプ

♪ピアノメインタイプ(部活or塾両立)

♪ピアノメインタイプ(ピアノ一本)

♪お勉強メインタイプ

どのタイプでも、「子供の頃から続けてきたピアノをまだやめたくない」「ピアノが好き」ってことが共通してます。嬉しいことです❗️

その他にも続ける理由として、「好きな曲を自由に弾きたい」「まだ上達したい」「合唱コンクールの伴奏をしたい」「発表会が楽しみ」など。

 
そして「練習時間がない」ということも共通。私も練習時間ありませんでした。

「練習時間が取れない」ことはその状況を本人や親御さんが許せるか許せないかが、続けていくことに大きく影響します。
私は、何とか時間を作って弾いていました。平日はほとんど弾いてない時もあったような。「何とかレッスン中に覚えて(練習して)帰ろう」としてたこともあったような。

練習量が減ると親としては「もうやめたら??」とすぐ終えることを考えますが、私の母は「見守る」に徹してしたように思えます。
特に弾かなくても「練習時間がゼロではない」「レッスンには必ず行く」のであれば見守りも必要かもしれません。その辺はご家庭の価値観や優先順位でそれぞれでしょう。
練習する時間がなくてもレッスンがあると思うと自分で時間を作るもの。時間の使い方も上手になってほしいです。

そして、自立して自分である程度の譜読みや自主練習が出来るようになっていることでレッスンを月に2回にしたりすることも出来、うまく両立出来るのです。

そのために、小学生の間に楽譜の基礎や演奏の基礎、自分のなりの練習方法を身につけていけるように教えていきたいです。

  

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • 始める前から力を引き出せています始める前から力を引き出せています 幼児の親子グループレッスンでは、習い始めた子たちがおともだちの刺激と、レッスンのワクワクを体験出来る機会です。 未就学の生徒さんは、レッスンの中でお辞儀の練習もしました。 […]
  • 夏休み企画親子参加幼児のグループレッスン夏休み企画親子参加幼児のグループレッスン 小学生のグループレッスンは子どものみの参加ですが、幼児の方は『親子参加』です。 こちらも今回はほとんどの生徒さんがこういう企画は初めての参加です。 ドキドキなのはマ […]
  • ワクワクドキドキ小学生のグループレッスンワクワクドキドキ小学生のグループレッスン 夏休みのお楽しみ企画で小学生のグループレッスンをします。 グループレッスンは「◯◯ちゃんと一緒にレッスンしたいなぁ」という生徒さんのつぶやきから企画しました。 グル […]
  • 今年はみんな燃えてます今年はみんな燃えてます 昨年から学校での歌唱が中止となり「練習したけど本番はなし」と悲しい結果になってしまったり、 いつもは伴奏を引き受ける生徒さんもそのチャンスを逃したり、寂しい1年でした。 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加