音符フリガナは本当に便利?

2016年08月04日 ブログ

子供のレッスンにおいて、時々「どうしても覚えられない音符の譜読み」や「加線がたくさんついている音符」にカタカナでドレミを書き込むことがあります。

生徒さん自らギッシリ書き込んでくることも。

だけど、書き込みは「最終手段」で、部分的に書き込んだり、覚えたら消したり、なるべく書き込まずに読み方のコツを教えていくようにしています。

音符を読み慣れている人からするとカタカナばかりが目立ち過ぎて、肝心なリズムや音の高低が見にくくなってしまいます。

部分的に書き込むことで音楽がスムーズに流れるのであれば書き込みは便利ですが、

全てに書き込むと…

「ドレミドソド」と書いても「ド」は高さが違うかもしれないのにカタカナだと高さは表せません。

リズムも読み取れません。

時々「ド↑」「ド↓」と書くこともあるけど「ド」の高さは二つだけではありません。

曲が難しくなるとどうでしょう…

「ド↑↑」とか「ド♯↓↓↓」とか高さを区別する書き方をしたり、「ミレ♯ミレ♯ミシレドラ↓」と♯や♭などのたくさんの書き込みが必要になってくるので、

「全ての音に」書き込むとその作業だけでも大変。

楽譜自体、音数も増えているのに、カタカナまで書き込むととてもゴチャゴチャして、もう何が何だか…。

それなら初めから音符を覚えたほうが便利です。 

「音楽的に自立する」

いつかレッスンから巣立っていく日までに1人で楽譜が読めることを身につけさせてあげたいです。

(以上のことは子供への音楽教育としての考えです。大人の方の趣味のピアノレッスンでは自分の好きなやり方でされることをおすすめしています。その方がやりやすければ一緒に書き込むこともしていますよ。)

オススメ記事

  • 楽しみに待っていましたよ楽しみに待っていましたよ 小学生になったタイミングで新しいお稽古を!とスタートを切りたくなりますが、楽しそうに学校に通っていても大きな環境の変化に子供達は毎日がいっぱいいっぱい。 特に5月は「何もしなく […]
  • おめでとうを伝えたくておめでとうを伝えたくて 今週は入園式・入学式(がある予定)でした。 横浜へお引越しされた生徒さんは縮小され開催されたそうです。 福岡の人たちはもう少し待っていないといけないから控えめに『お […]
  • 2歳からの習い事親子リトミックレッスンの効果2歳からの習い事親子リトミックレッスンの効果 「思いやりの心を持てるようになりました」 「景色や情景の感想を言うようなりました」 親子リトミックに来ている生徒さんのママたちからこんなお声をよく聞きます。 […]
  • おもしろいものみいつけたおもしろいものみいつけた 先日、福岡のお祭り『放生会』に行って来ました。 そこで知った『ハンドスピナー』というおもちゃ。 なにやら、外国でも人気の玩具らしく最近の流行り物だからか、くじ引きなどの景品で […]
  • 〜ピアノのレッスン〜小1から習い始める〜ピアノのレッスン〜小1から習い始める 「何歳から始めたらいいですか?」とよく質問されるので、春からピアノを習おう(習わせたいと)と思っていらっしゃる方の参考にして欲しいです⭐︎ 「ご入学おめでとうございます✨」と同 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加