音符フリガナは本当に便利?

2016年08月04日 ブログ

子供のレッスンにおいて、時々「どうしても覚えられない音符の譜読み」や「加線がたくさんついている音符」にカタカナでドレミを書き込むことがあります。

生徒さん自らギッシリ書き込んでくることも。

だけど、書き込みは「最終手段」で、部分的に書き込んだり、覚えたら消したり、なるべく書き込まずに読み方のコツを教えていくようにしています。

音符を読み慣れている人からするとカタカナばかりが目立ち過ぎて、肝心なリズムや音の高低が見にくくなってしまいます。

部分的に書き込むことで音楽がスムーズに流れるのであれば書き込みは便利ですが、

全てに書き込むと…

「ドレミドソド」と書いても「ド」は高さが違うかもしれないのにカタカナだと高さは表せません。

リズムも読み取れません。

時々「ド↑」「ド↓」と書くこともあるけど「ド」の高さは二つだけではありません。

曲が難しくなるとどうでしょう…

「ド↑↑」とか「ド♯↓↓↓」とか高さを区別する書き方をしたり、「ミレ♯ミレ♯ミシレドラ↓」と♯や♭などのたくさんの書き込みが必要になってくるので、

「全ての音に」書き込むとその作業だけでも大変。

楽譜自体、音数も増えているのに、カタカナまで書き込むととてもゴチャゴチャして、もう何が何だか…。

それなら初めから音符を覚えたほうが便利です。 

「音楽的に自立する」

いつかレッスンから巣立っていく日までに1人で楽譜が読めることを身につけさせてあげたいです。

(以上のことは子供への音楽教育としての考えです。大人の方の趣味のピアノレッスンでは自分の好きなやり方でされることをおすすめしています。その方がやりやすければ一緒に書き込むこともしていますよ。)

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • 保護者の皆様からのメッセージに励まされます保護者の皆様からのメッセージに励まされます 先週から今週にかけて年内最後のレッスン日です。 今年は世界中の人が特別な年でしたね。 私もたくさんのことを悩みましたが「生徒さんたちの学びを止めたくない」「不都合な […]
  • 生徒さんからのお手紙生徒さんからのお手紙 レッスンではいつもかしこまった◯◯ちゃん。 自分からおしゃべりしたり雑談することはありません。 そんな◯◯ちゃんから「学校でお手紙を書きました」と(お手紙を書く授業 […]
  • ハロウィンレッスンウィークハロウィンレッスンウィーク 先週はハロウィンレッスンウィークとしてハロウィンに関連したレッスン内容でレッスンしていました。 そして、恒例の指訓練と結びつけたお菓子ゲット。 今年はコロナの影響を […]
  • ちょっと一息ハロウィンレッスンちょっと一息ハロウィンレッスン 今月はハロウィンのテーマでレッスンしています。 ピアノをコチョコチョしたり、指広げしたり、ぼうしをかぶってみたり、ハロウィン合格シールを貼ったら面白いことが?! 教 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加