譲り合いでつくりあげようピアノ連弾

2017年05月24日 生徒さんたちのレッスン

「せんせい、おうちでれんしゅうしたらかさなってひけないんです」

発表会で親子連弾をする生徒さん。

おうちでお母さんと練習したら重なるところがあるそう。

両パートで同じ音を弾くところはないはずなんだけど。

一緒に弾いてみると…

「あぁ❗️上にするんだぁ」と生徒さん。

音が重なるわけではなく、2人の手がぶつかり合うのです。

「ここに〇〇ちゃんの手があるから〇〇ちゃんが弾きやすいように、先生は少し手首を上にあげて奥の方で弾いたよ〜」

ここに相手の手があるから相手が弾きやすいように譲り合い、だけど無理のないように自分の弾く音もおろそかにならないように。

お互いが「私の手はここを弾くのよ」と陣取ると手がぶつかり合います。

気になって自分の音も上手く弾けません。

「お母さんが弾きやすいように〇〇ちゃんが手を上にして譲ってあげてもいいんだよ」

帰って早速お母さんと話し合いをしていることでしょうね♪

相手の動きを見たり、相手の音を聴いたり、2人でひとつの曲を作り上げる「ピアノ連弾」で譲り合いの気持ちを⭐︎

2人で合わせるようになったら「誰のどっちの手」で弾く音がよく聴こえ「誰のどっちの手」を控えめに弾くか、音の強弱でも譲り合いをお勉強します。

ピアノ連弾はソロ演奏とは違った面白さがありますよ♪

オススメ記事

  • 嬉しいお言葉嬉しいお言葉 「月謝袋に付けて下さる先生のメモは、毎回楽しみで、書いて下さる言葉にいつも感銘を受けています。」 そんな風にあのメモを読んでくださっていたなんて〜❗️ 嬉しいやら、お恥ずか […]
  • 久しぶりに自分のレッスン久しぶりに自分のレッスン 来月、大人生徒さん発表会でソロ演奏するので久しぶりに師匠のレッスンを受けてきました。 すこし前に一度レッスンを受けた時は、間に合わせで弾いたような演奏。 弾きこみも足りなけれ […]
  • ピアノと共演できる楽しみピアノと共演できる楽しみ 「歌や合唱の伴奏」「フルートやバイオリンと一緒に」などなど、ピアノはいろんな楽器ともセッション可能です。 先日のレッスンで「おじいちゃんが、ギターやってるんですけどぉ…」とお聞 […]
  • 音楽史に興味のある生徒さん音楽史に興味のある生徒さん モーツァルト、ベートーベン、バッハ、ショパン… 歴史上の大作曲家について興味がある生徒さんがいます。 学校で、お友達にこの話題でおしゃべりしても『???』『ナニソレ?』となっ […]
  • 自分の想いを音で表現すること自分の想いを音で表現すること 『ピアノを弾いて息抜きに』 『ピアノを弾くと癒される』 そう思えるのは自分の想いを音に映し出したり重ね合わせたりしているからです。 そう思えることがピアノを弾く楽しさでもあ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加