誰でも楽しく出来るイメージ演奏

2018年06月28日 イベントブログ

先週から、馴染みのところへ人形劇の練習を見に行っています。

「誰でも簡単に弾ける劇の場面に合う音楽を教えて欲しい」と言われていていくつか提案していました。

難しいことしなくたって、一つのフレーズを覚えれば、あとは音域や強弱で思いを込めて劇の場面のイメージにぴったりの効果音や音の出来上がり♪

劇の仕上がりも進んできて音の演出も色々やりたくなったそうで、1音から2音、3音と、使う音を増やし3音あればもうコードが弾けるから、かなりいい感じになりました。

一音黒鍵にするだけであら不思議!

音色を楽しみながらイメージを膨らませます。

子供達のレッスンでも、絵本の中で絵やお話に合った音のイメージを楽しむことがあります。

好きなように思いつきで音を弾いてくれる子もいて、ピアノ演奏のイメージづくりや即興演奏につながるように取り組んでいます。

曲や音のイメージってとても大切です。

たとえ一音でも、内面で感じるものがあるかないか、何を感じているかで演奏する音が変わってくるのですからね。

ある生徒さんはこの音は赤、この和音は紫など、イメージを持っています。

先日受けたピアノ講師勉強会では、講師の偉い先生が「今この音がすごく気になってるのよ」と「レ♯」について一音だけを鳴らしながら語ってくださいました。

一つの音から広がるイメージと世界観。

音が持つイメージを楽しみながらピアノを弾くとピアノをもっと楽しめます♪

オススメ記事

  • 久しぶりに会う中学生久しぶりに会う中学生 2学期、9月頃にレッスンに来てからずっとお休みしていた生徒さん。 中学生になって月2回のレッスンで続けることにしていたけどそれでも無理で…。 2学期はスケジュールが合わずやっ […]
  • 見違えるほど成長する1年間見違えるほど成長する1年間 ピアノに憧れはあるけど… 音楽も大好きだけど… (これまでに出会ってきた未就学児のレッスンでのご様子です↓ちなみにみんな立派になっています) 『ひとりでかんたんにできるもん […]
  • 雛人形を飾りました雛人形を飾りました 今週末にイベント(私的なイベントですがピアノ弾きます♪)がありバタバタしていてお雛様を出すタイミングを逃してしまいました。 もう今年は飾らないでおこうかなぁと考えていたところ、 […]
  • 8~9月は譜読み強化月間8~9月は譜読み強化月間 8~9月のテーマはふよみ。 […]
  • お稽古5年目楽譜の細かい所まで気を配れますお稽古5年目楽譜の細かい所まで気を配れます 小学校へ入学する少し前からピアノを習い始めた5年生の女の子。 レッスンで取り組んでいる発表会の曲は16分音符が中心の駆け抜けていくような曲。 右手でも左手でも同じようにタカタ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加