誰でも楽しく出来るイメージ演奏

2018年06月28日 イベントブログ

先週から、馴染みのところへ人形劇の練習を見に行っています。

「誰でも簡単に弾ける劇の場面に合う音楽を教えて欲しい」と言われていていくつか提案していました。

難しいことしなくたって、一つのフレーズを覚えれば、あとは音域や強弱で思いを込めて劇の場面のイメージにぴったりの効果音や音の出来上がり♪

劇の仕上がりも進んできて音の演出も色々やりたくなったそうで、1音から2音、3音と、使う音を増やし3音あればもうコードが弾けるから、かなりいい感じになりました。

一音黒鍵にするだけであら不思議!

音色を楽しみながらイメージを膨らませます。

子供達のレッスンでも、絵本の中で絵やお話に合った音のイメージを楽しむことがあります。

好きなように思いつきで音を弾いてくれる子もいて、ピアノ演奏のイメージづくりや即興演奏につながるように取り組んでいます。

曲や音のイメージってとても大切です。

たとえ一音でも、内面で感じるものがあるかないか、何を感じているかで演奏する音が変わってくるのですからね。

ある生徒さんはこの音は赤、この和音は紫など、イメージを持っています。

先日受けたピアノ講師勉強会では、講師の偉い先生が「今この音がすごく気になってるのよ」と「レ♯」について一音だけを鳴らしながら語ってくださいました。

一つの音から広がるイメージと世界観。

音が持つイメージを楽しみながらピアノを弾くとピアノをもっと楽しめます♪

オススメ記事

  • レッスン「今」と「昔」レッスン「今」と「昔」 学校の勉強や授業が昔と変わっているように(英語の導入やダンスの授業など)ピアノのレッスンも進化しています。  昔はバイエルやメトードローズなどのテキストが主流でどの教 […]
  • ピアノを習い始めたら準備するもの②『楽器編』ピアノを習い始めたら準備するもの②『楽器編』 ご自宅での練習楽器には「ピアノ」か「電子ピアノ」をおすすめしています。 自宅に楽器が必要な理由は「習ったことをさらに自分の指に定着させるため」です。 そして、自分の趣味として […]
  • 譜読みがスラスラっと譜読みがスラスラっと 譜読みのコツで子供たちによく言っているのが「目印音」です。 色んな高さの「ド」を目印として覚えることで近くの音をすぐに読めるように促しています。 他にもコツはありますが、大譜 […]
  • お試しレッスン年長さんお試しレッスン年長さん ずっとお待たせしていた方のお試しレッスンをさせていただきました。 緊張した表情で来られたお子さんでしたが、緊張感を持ってしっかりお話しを聞いて、取り組んでくれま […]
  • 楽典問題集で知識が豊富に楽典問題集で知識が豊富に レッスン休講になる前に更新しようと思っていたブログ。 3月に中学生の生徒さんに新しいワークを購入しました。 レッスン休講前に渡すことが出来たので中 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加