自分の想いを音で表現すること

2017年12月19日 ブログ

『ピアノを弾いて息抜きに』

『ピアノを弾くと癒される』

そう思えるのは自分の想いを音に映し出したり重ね合わせたりしているからです。

そう思えることがピアノを弾く楽しさでもあります。

先日のレッスンのこと。

弾き方や伴奏形によって同じメロディでもこんなに違う世界観になるということを知って欲しくて2つのジングルベル弾きました。

ワクワク元気いっぱいに弾いた後に『今度はこっちで弾いてみよう』と伴奏を変えて強弱や曲想も変えて奏でててみました。

すると思わず…

『わぁ、キレイ』と言ってくれた小学生の生徒さん。

きれいな夜のイルミネーションかな?

それともホワイトクリスマスをイメージしたのかな?

先生から言われなくても自分の想いのまま自然とタッチが変わっていました♪

同じメロディでもその世界観の違いを聴いて感じ取ることができるとピアノはもっと楽しめます。

そして、自分でも世界観を表現したいと思えるともっとピアノが大好きになれます。

初めてピアノに出会う、初めてのレッスンからこの楽しさを伝えていけるようにレッスンではピアノの導入に合わせていろんなことをしています。

表現するには技術的なことも必要です。(演奏のテクニック・ピアノの練習)

だけど、技術的に無理でも表現しようとする気持ちと音を奏でる時に心がワクワク出来ることがピアノを弾く楽しさなのです。

難しい曲でなくても、今のレベルの曲に自分がどう向き合っているかで心を揺さぶります。

今週はほとんどの生徒さんが今年最後のレッスンです。

今年もレッスンに来てくださる皆様のおかげで楽しいピアノの時間を過ごすことができました。

週末のクリスマス会も楽しみです♪

オススメ記事

  • 大人の生徒さんピアノ発表会1か月前大人の生徒さんピアノ発表会1か月前 来月大人の生徒さんのピアノ発表会を開催します。 ピアノを趣味で楽しんでいる、ピアノ好きな大人の集まり。 大人と言っても高校生から60代の方まで幅広く、レッスンを続けながら目標 […]
  • 進度が遅い早いだけではないこと進度が遅い早いだけではないこと 「先生うちの子の年齢だったらどのくらい弾けたらいいでしょうか?もっと弾ける子もいるでしょう?」 こんな質問をされました。 気になる気持ち分かります。 我が子だったら誰よりも […]
  • 一人一人にあった伸ばし方一人一人にあった伸ばし方 〇〇ちゃん本人の希望で、譜読みだけのドリルをすることにしました。 これまでのワークブックで譜読みのコーナーが出てくると「やったー!」と嬉しそうにしていた〇〇ちゃん。 「これだ […]
  • 自宅練習フォロー自宅練習フォロー 当教室では生徒さんの自宅練習のフォローをしていて、分からないところはいつでも質問OK。 お家で練習中、分からないところがあったそうで◯◯ちゃんが質問してくれたんだけど、 […]
  • 同じ年齢の子は何の曲弾いているの?同じ年齢の子は何の曲弾いているの? 時々、保護者の方より「同じ学年の他のお子さんは何の曲を弾いてますか?どこまで進んでいますか?」とたずねられたり「自分の年齢ではもうこの曲は弾けました」と言われたりします。 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加