自分の力でピアノを弾くために

2017年05月19日 ブログ

ある保護者の方とのお話の中で「気がついたら自然と読みながら弾けるようになっていたからどうやって楽譜を読めるようになったのか…。」とお聞きしたことがあります。

低学年の頃でしょうか、私は何となく覚えています。

その時レッスンで使っていたピアノの本が終了した時でした。

「あーー♪ヘ音記号とつながった」

それまでヘ音記号の譜読みがよく分かっていなかったこともその時認識しました。

その後先生のお手本演奏を聴かずに自分で弾いてみたら、正しく弾けていることを先生に褒められて、その辺から徐々に自分の力で読んで弾けるようになりました。

かなり物心ついた年齢だったように思えます。

はじめからスラスラと楽譜を読める子なんていません。

習い始めの頃は先生に一度弾いてもらい、弾いている手を見て真似したり、聴いた音を頼りに弾いていたかもしれません。
 

「真似すること」も「聴いて弾くこと」も演奏に欠かせないことです。(芸術は模倣から)

だけど、ずっと「弾き方の真似ばかり」「聴き覚えばかり」などと、一つのやり方だけに頼っていたら「自分の力で読んで弾く」「読みながら弾く」は無理でしょう。

「楽譜にドレミを書き込む」ことも、フリガナ文字と手の動きが連動するだけになってしまい、音符やリズムの理解は出来ないし楽譜が少し複雑になってくると限界があります。

聴いて、歌って、見て、書いて、いろいろやっていく中で弾いたり歌ったりしたものが、目で見た楽譜上の内容と一致するように導いていくのが先生の役目だと思っています。

当教室のレッスンでは「見るだけ」「聴くだけ」「動かすだけ」「リズムだけ」「譜読みだけ」「書くだけ」「模倣する」など、一人一人の得意・不得意を把握しながら様々な角度から音楽を勉強します。

何年もレッスンを続けていると、目が慣れてきたり、勘が働いたり。

「〇〇だけ」取り出して勉強していたことがいずれ同時に出来るようになっていき、バランスの良い音楽力が身につくと自分の力で弾くことへつながります。

楽譜から作曲者の想いを読み取って「こんな風な思いで作られた曲なんだなぁ」「この部分を聴くとこんな気持ちになるなぁ」と、自分でくみとって、弾いて、心が動くようになると、もっと楽しく音楽と向き合えることでしょう♪


オススメ記事

  • 再びオンラインレッスンデー再びオンラインレッスンデー ピアノ個人レッスンではオンラインレッスンを導入しています。 オンラインレッスンを始めたきっかけは緊急事態宣言。 突然臨時休校になった子どもたちのためにいち早く導入し […]
  • アレンジの楽しさをあたらめて知るアレンジの楽しさをあたらめて知る 私的なイベントのピアノ弾きが無事終了しました。 準備の頃からレッスン日の変更などにご協力いただきました生徒さんありがとうございました。 撮影・録音不可の門外不出(?)のイベン […]
  • 小学生のお試しレッスン小学生のお試しレッスン ちょうどレッスンの空き時間が出たタイミングでお問い合わせくださいました。 小さい頃からピアノレッスンに通われているピアノ経験ありの低学年のお子様。 一曲聴かせてもらう […]
  • ママたちの心配事にも寄り添っていますママたちの心配事にも寄り添っています 「すごく反抗期的な態度をします」 「イライラしているようです」 「何事にも無気力で」 ママたちから聞く子どもたちの色々な心配事。 特に今年度は遅い新学期 […]
  • 低学年の発表会曲選び低学年の発表会曲選び 今年の発表会、低学年の生徒さんには『初めて参加』の方が多くいらっしゃいます。  はじめての曲選びにワクワク。 「これが、いい♪」 「いやこっちもすき♪」 あれも […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加