江戸時代のシール貼りたいなぁ

2017年12月07日 生徒さんたちのレッスン

「かざぐるま」という曲を合格した年長さんの男の子。

合格シールを選んでいるときは、いつもワクワクしてくれるのに、なんだかしっくりこない様子なんです。…

「江戸時代のシール貼りたいなぁ~」

ん???

あぁ!

「かざぐるま」って昔話の中に出てくる子供のおもちゃんってイメージを持ってくれていたんだぁ♪

いいなぁ、そういう気持ち。

確かに『車・ロケット・サッカー』と『かざぐるま』は、カテゴリーが全然違います。

それにしても、年長さんなのに「江戸時代」だなんて、もう歴史知ってるの!?

分からなくともその言葉を知ってて、使いこなせているのがスゴイ。

「江戸時代風あるよ!こっちのシールはどお?イメージに合うものあるかなぁ」

江戸時代シール(?)ではないけど、『車・ロケット、サッカー』のようないつものシールより『たこ・こま・松』のシールを見せました。(お正月向け?)

そして納得した様子で、凧のシールを選んでくれましたよ♪

しっかりとイメージを持つことが出来る「豊かな感性」を持っているんです。

〇〇くんはちょっとしたシールでも「どこにはろうかなぁ…」「じふんではりたい!」と、いつもじっくり考えます。

シールを自分で選んで自分で貼る場所を決めることは決断力と直感力につながります。

ピアノを習っていると『自分でイメージしたり』『自分で考えた世界観を表現が出来る』ことが、後々『自分で物事を考える力』につながります。

生徒さんたちの、ちょっとした言葉の中にたくさんの力や才能を感じることあります。

オススメ記事

  • レッスン日がバースデーレッスン日がバースデー 「せんせい、きょうはなんの日かしってる?」 もちろん!!レッスンの日にお誕生日を迎えた子にはバースデーソングで「歌うソルフェージュ」をしています。 お誕生日が近づいた子にもバ […]
  • わすれてかえっているわすれてかえっている 男の子向けのシールに昆虫シールがあります。 男の子にいい!と思って購入したけれど、ウジャウジャ並べると、虫が苦手の私にはちょっと気持ち悪いんです… シルエットシールだから意外 […]
  • 複雑だけど全力で応援しています複雑だけど全力で応援しています 先週から、ちらほらと学校でのピアノ伴奏をレッスンに持参する生徒さんが増えて来ました。 中学生の生徒さんは一足先に無事オーデイションに合格されましたよ♪ さて、小学生はどうかな […]
  • おもいついた音をかきとめていますおもいついた音をかきとめています 低学年の〇〇ちゃんはあふれる感性の持ち主。 レッスンに来たら、自分の中に流れている音楽(鼻歌のように自分の中だけに流れているメロディのようなもの)をピアノでずっと弾いています。 […]
  • ひきうたいがかわいくていやされましたひきうたいがかわいくていやされました またまたピアノ伴奏のお話。 学校によっては低学年から伴奏のオーデイションがあります。 2年生の生徒さんも楽譜をもらって練習しています。 「もう全部弾けるようになりました!」 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加