江戸時代のシール貼りたいなぁ

2017年12月07日 生徒さんたちのレッスン

「かざぐるま」という曲を合格した年長さんの男の子。

合格シールを選んでいるときは、いつもワクワクしてくれるのに、なんだかしっくりこない様子なんです。…

「江戸時代のシール貼りたいなぁ~」

ん???

あぁ!

「かざぐるま」って昔話の中に出てくる子供のおもちゃんってイメージを持ってくれていたんだぁ♪

いいなぁ、そういう気持ち。

確かに『車・ロケット・サッカー』と『かざぐるま』は、カテゴリーが全然違います。

それにしても、年長さんなのに「江戸時代」だなんて、もう歴史知ってるの!?

分からなくともその言葉を知ってて、使いこなせているのがスゴイ。

「江戸時代風あるよ!こっちのシールはどお?イメージに合うものあるかなぁ」

江戸時代シール(?)ではないけど、『車・ロケット、サッカー』のようないつものシールより『たこ・こま・松』のシールを見せました。(お正月向け?)

そして納得した様子で、凧のシールを選んでくれましたよ♪

しっかりとイメージを持つことが出来る「豊かな感性」を持っているんです。

〇〇くんはちょっとしたシールでも「どこにはろうかなぁ…」「じふんではりたい!」と、いつもじっくり考えます。

シールを自分で選んで自分で貼る場所を決めることは決断力と直感力につながります。

ピアノを習っていると『自分でイメージしたり』『自分で考えた世界観を表現が出来る』ことが、後々『自分で物事を考える力』につながります。

生徒さんたちの、ちょっとした言葉の中にたくさんの力や才能を感じることあります。

オススメ記事

  • スペシャリストティーチャーズミーティングin東京スペシャリストティーチャーズミーティングin東京 先月、お招きを受けまして♡   『スペシャリストティーチャーズミーティング』に 参加させていただきました♪ (行く前は全員検査結果陰性の報告 […]
  • 先生自分で左手考えました先生自分で左手考えました 新3年生の◯◯ちゃんが前に合格した「ぶんぶんぶん」に好きな伴奏を考えてくれました。 メロディ部分も少しアレンジされていて、変化をつけています。 前に合格した曲をあた […]
  • 2歳3歳のレッスンを始めようと思った理由2歳3歳のレッスンを始めようと思った理由 2歳児さん3歳児さんのレッスンを始める前は「レッスンは年少さんからです」とお断りしておりました。 「どうしてですか?」とお聞きされても「入園前の年齢だから…」と、ただ『小さいか […]
  • どんな音楽に夢中になるのかなどんな音楽に夢中になるのかな ピアノを習った子ども達、将来どんな形で音楽と向き合うことになるのかな。 時々、未来を想像しながらレッスンしています♪ ポピュラーやジャズ、ドラムにヴォーカル、ミュージカルや電 […]
  • 知らないうちに覚えちゃう音楽記号知らないうちに覚えちゃう音楽記号 今月は音楽かるたで音符の名前や音楽記号の名前を確認しています。 ピアノを習っている子たちは、たくさんの音楽記号や音符の名前を知っています。 普段「覚えること」を促していないレ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加