母親の耳も育つピアノのレッスン

2019年02月24日 ブログ

私の母はピアノが弾けません。

楽譜も読めません。

(もちろん父もです)

ですが、びっくりなことに子供に(私に)ピアノを習わせ、子供が(私が)ずっとピアノをやめずに、今もなおピアノ教室に通っているから(師匠のレッスンをたまに受けている)、母の聴く耳が育ち、母はピアノが弾けないけど聴く耳だけは肥えているのです。

(昔はよく一緒にピアノリサイタルやオペラに行きました)

先日の久しぶりに私の演奏を聴いた母は、すぐに翌朝ダメ出しの電話。

高音が響きにくいとか、選曲に関することや、私が反省していた点をズバリ言い当て、それはもう専門家のように図星をついたダメ出し色々でした。

よく「私は(母親は)ピアノ弾けないけど大丈夫ですか?」と生徒さんの保護者の方から聞かれますが、まったく問題ありません!

むしろ、弾けない方、楽譜が分からない方のほうが、聴いたままの印象でアドバイスをくれたり、子供と一緒に耳が育っていくので音楽そのものへの研ぎ澄まされた感覚があるのではないかと思います。

先日もある生徒さんのママ(ピアノ未経験)「深みが出てきたような」とレッスンから帰ってきた後のお子さんの演奏を聴いて思ったそうです。

こんな、わずかな変化を聴き取ってお子さんに声をかけるだけでいいのです。

私は、今まで、母に100点満点を告げられた事はないと思います。

大人になってピアノ講師としてお仕事しだしてもなお、細かいミスや、ミスはなくても演奏中に心が動揺したために乱れたちょっとしたテンポの変化などなど、すぐに見抜かれてしいます。

数年前に病に倒れ、一時は意識不明になった母。

数年ぶりに演奏を聴いたのに、聴く耳が健在だったのには驚きです。

この人にダメ出しされないように練習せねば!と意気込んでしまいます。

娘の演奏を聴いて、娘だから容赦なく普通に感想を言ってただけの母。

実は、その思うがままの感想が子供を(私を)育てていたのかと思うと、偉大な母に感謝です。

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • 保護者の皆様からの嬉しいお言葉保護者の皆様からの嬉しいお言葉 保護者の方々から届いたら嬉しいお言葉です。 ◎先生のところで習って良かったです ◎最近どんどんピアノが楽しくなっています ◎先生のことが大好きです ◎どんどん上達してきて […]
  • 先生みたいに教えている生徒さん先生みたいに教えている生徒さん 「わたしがねお兄ちゃんにおしえてあげてるの」 「小さい弟に先生ぶっておしえています」 「習ったことそのまま下の子に言ってました」 「パパに一所懸命説明していました」 いろ […]
  • まつぼっくりにゆきが降ってるねまつぼっくりにゆきが降ってるね 「まつぼっくりにゆきがふってるね。秋と冬だねぇ。」 そんな会話をされていた生徒さん親子。 ママがかける言葉一つでパッといろんなイメージがふくらみます。 他にも「クリスマスみ […]
  • 子どもと関わる大人の責任子どもと関わる大人の責任 生まれてから社会人になるまで子どもたちはたくさんの大人と関わります。 産まれてすぐの助産師さんから始まって、保育園の先生、幼稚園の先生、学校の先生、〇〇ちゃんのママ・パパ、ご近 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加