メニューを開く

TOPICS

日々の出来事やお知らせ、レッスンのことについて
2016年06月27日 ピアノ個人レッスンについて

楽譜に「書かれていないこと」を読み取る

心を動かされる演奏は、楽譜に書かれていない「作曲者の想い」をくみ取って「弾き手の個性」で表現されています。

「フォルテ(強く)と書いてあるから強く弾いている」

アレグロ(速く)と書いてあるから速く弾いている」

「楽譜に書かれていることだけ」を完璧にやっても物足りなさを感じることもあるのです。

何だか、奥の深い難しいそうなこと。

いきなり上級の曲に取り組みだした日から「作曲者の想いをくみ取る」のではなく…

♪「お花のつぼみが開いた感じね」

♪「広い青空が広がってる感じ」

♪「怒ってる感じ」

♪「ヨーロッパのお城でパーティ」

♪「木靴をはいて踊るおまつり」

♪「あわてている感じ」

♪「優しいお母さんの笑顔」

など、幼い頃からいつも投げかけることで上級レベルの曲に取り組むようになった時にこの「奥深さ」を楽しむことにつながります。

「ここはこういう感じだなぁ」と自分でイメージしながらピアノを奏でることが癒しとなってほしいです⭐︎

オススメ記事

  • 発表会発表会 10月の発表会は毎年開催です。 私、何回目の発表会かしら?と考えたら15回以上は確実です。 他の主催の発表会も合わせるともう30回くらい?? なのに何で毎回こんなにドキドキ […]
  • ひきうたいがかわいくていやされましたひきうたいがかわいくていやされました またまたピアノ伴奏のお話。 学校によっては低学年から伴奏のオーデイションがあります。 2年生の生徒さんも楽譜をもらって練習しています。 「もう全部弾けるようになりました!」 […]
  • 新しいテキスト嬉しいな新しいテキスト嬉しいな 今日のレッスンで生徒さんに新しいテキストをお渡ししました。 生徒ちゃんは、一年生。 前のテキストは、あんまり練習もはかどっていない様子でしたが、 先生にはわかる! 〇〇ち […]
  • アレンジ楽譜で調号5つでも大丈夫アレンジ楽譜で調号5つでも大丈夫 先月発表会が終わった大人の生徒さん。 次はポピュラー曲へ取り組んでいらっしゃいます。 最後の部分が転調して(調が変わること)…ひぇ~フラット5つ。 今日のレッスンで、とりあ […]
  • こども音楽オリンピックコンクールこども音楽オリンピックコンクール こども音楽オリンピックコンクールの一般審査員をさせていただきました (オンラインで福岡から参加)   このコンクールは 人と比べるのではない […]
「お試しレッスン」お申込みはコチラ