楽譜に「書かれていないこと」を読み取る

2016年06月27日 ピアノ個人レッスンについて

心を動かされる演奏は、楽譜に書かれていない「作曲者の想い」をくみ取って「弾き手の個性」で表現されています。

「フォルテ(強く)と書いてあるから強く弾いている」

アレグロ(速く)と書いてあるから速く弾いている」

「楽譜に書かれていることだけ」を完璧にやっても物足りなさを感じることもあるのです。

何だか、奥の深い難しいそうなこと。

いきなり上級の曲に取り組みだした日から「作曲者の想いをくみ取る」のではなく…

♪「お花のつぼみが開いた感じね」

♪「広い青空が広がってる感じ」

♪「怒ってる感じ」

♪「ヨーロッパのお城でパーティ」

♪「木靴をはいて踊るおまつり」

♪「あわてている感じ」

♪「優しいお母さんの笑顔」

など、幼い頃からいつも投げかけることで上級レベルの曲に取り組むようになった時にこの「奥深さ」を楽しむことにつながります。

「ここはこういう感じだなぁ」と自分でイメージしながらピアノを奏でることが癒しとなってほしいです⭐︎

オススメ記事

  • 2歳から始めた育脳レッスン2歳から始めた育脳レッスン 2歳から始められる育脳レッスン『ピアノdeクボタメソッド』でスタートして9ヶ月になる生徒ちゃん。 元々クボタメソッドに詳しいお母様が『クボタメソッドのピアノがあるの?!』と知っ […]
  • 2歳ちゃんのキラキラレッスン2歳ちゃんのキラキラレッスン 2歳ちゃんのピアノレッスンは   ◎心への刺激 ◎楽譜は絵本やイラスト   四角の中の「楽譜」に向き合うことになった時に キラキラ […]
  • 台風休校でオンライン弾きあい会開催台風休校でオンライン弾きあい会開催 小中学校が臨時休校になった日に オンライン弾きあい会を開催しました♪ 幼稚園児さんから4年生までの女の子の会とピアノ男子たちの会。 急な呼びかけにも関わ […]
  • 習い始めて1カ月♪習い始めて1カ月♪ 「小学生」と「幼稚園児」の姉妹ちゃん。4歳差のため、2人とも「初めて習う」だけど、テキストや教え方はずいぶん違います。 […]
  • ステージマナーステージマナー 発表会が近づいてきて、 初めて参加の子も、もう何度か経験のある子もおじきの練習をしています。 レッスン部屋で分かりにくいけど、少し離れたところから「椅子に座って→弾いて→おじ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加