楽譜から読み取ることの大切さ

2016年06月26日 ピアノ個人レッスンについて

楽譜から読みとって欲しいことは、

①音符の高低

5線の「線の上」「線の間」を理解して読んでいく「譜読み」です。

 ②音符の長さや休符などのリズム

音の高低が読めてもリズムを正しく刻まないと曲になりません。

③拍子・テンポ・調号

楽譜の初めや左端に書いてある拍子・速度・調号を理解して弾くことでその曲がもつ特徴をつかんだ演奏につながります 。

④強弱や曲想の記号

様々な記号は「作曲者からのメッセージ」です。どのように演奏して欲しいかが記されています。

⑤「書かれていないこと」を読み取る

これが読み取れたら上級者✨です。書かれていないことだけど、作曲者の想いを「くみ取って」弾き手の個性で表現します。

「作曲者が伝えたいことを読み取ること」こそがピアノや楽器を奏でる面白さ⭐︎

難しそうだけど、この面白さこそ「習い始めた初日」「おチビちゃん」の時から伝えていることでもあります。

いつかレッスンから巣立っても、ずっとピアノがそばにある生活が出来るように「自分で譜を読んで弾くこと」を身につけてあげたいです⭐︎

オススメ記事

  • ピアノのお稽古への親の関わり方ピアノのお稽古への親の関わり方 保護者の皆様には、日頃よりレッスンにご理解とご協力をいただきいつも感謝しております。 ◎熱心にご自宅での練習を見てくださっている方 ◎お子様のお気持ちを察して遠くから見守って […]
  • 子供の良い所を引き出したい子供の良い所を引き出したい 「ピアノを弾くこと」 ドレミの読み方を習って、指の練習をしたら弾けるように思えますが、、 それだけでは 「ん?」 「何か足りないような?」 「弾けてるって言える?」 […]
  • 時代とともに変化しているピアノレッスン時代とともに変化しているピアノレッスン お盆休み、学生時代の懐かしい友人と会い、思い出話と近況報告であっという間のおしゃべりタイムでした。 私が子供の頃は学校のクラス数も多くクラスのほとんどの女の子はピアノを習ってい […]
  • 幼児期から習い始めるピアノのレッスンで大切にしていること幼児期から習い始めるピアノのレッスンで大切にしていること 3〜5歳のお子様のレッスンでは、いい音を聴き分けられる耳を作ることや指・腕の使い方、楽譜や鍵盤のことをよく知ることが大切です。  ピアノ演奏に必要な1つ1つの要素は幼 […]
  • お子様のピアノレッスンに付き添う楽しみお子様のピアノレッスンに付き添う楽しみ 毎回のピアノのレッスンをすぐそばで見ていると感じるお子様の成長。 どの子もある程度大きくなるとレッスンにはお一人で来られるようになりますので、親子で来るピアノレッスンの時間は小 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加