楽譜から読み取ることの大切さ

2016年06月26日 ピアノ個人レッスンについて

楽譜から読みとって欲しいことは、

①音符の高低

5線の「線の上」「線の間」を理解して読んでいく「譜読み」です。

 ②音符の長さや休符などのリズム

音の高低が読めてもリズムを正しく刻まないと曲になりません。

③拍子・テンポ・調号

楽譜の初めや左端に書いてある拍子・速度・調号を理解して弾くことでその曲がもつ特徴をつかんだ演奏につながります 。

④強弱や曲想の記号

様々な記号は「作曲者からのメッセージ」です。どのように演奏して欲しいかが記されています。

⑤「書かれていないこと」を読み取る

これが読み取れたら上級者✨です。書かれていないことだけど、作曲者の想いを「くみ取って」弾き手の個性で表現します。

「作曲者が伝えたいことを読み取ること」こそがピアノや楽器を奏でる面白さ⭐︎

難しそうだけど、この面白さこそ「習い始めた初日」「おチビちゃん」の時から伝えていることでもあります。

いつかレッスンから巣立っても、ずっとピアノがそばにある生活が出来るように「自分で譜を読んで弾くこと」を身につけてあげたいです⭐︎

オススメ記事

  • なんてピアノが下手なんだろうなんてピアノが下手なんだろう 来月のピアノ演奏に向けてショパンのエチュードと格闘中。 久しぶりに恩師のレッスンも受けました。 隙間の時間を見つけては練習、練習、練習…。 いつも「なんでこんな […]
  • 今やりたい気持ちをすぐ叶えてあげたい今やりたい気持ちをすぐ叶えてあげたい とても驚くことがありました。 一年ぶりにお問い合わせをくださった方がいました。 「一年前にいっぱいですと断られたんですけど、その時に今習いたいタイミングで始められる方が良いと […]
  • 久しぶりのピアノ講師勉強会久しぶりのピアノ講師勉強会 朝晩の爽やかな風が秋の気配を感じさせてくれます。長かった夏休みも終わり、久しぶりに勉強会へ参加しました。今回は主に『音階・重音・分散和音』についての奏法や指導法がテーマです。前回 […]
  • 効率よく部分練習効率よく部分練習 曲を弾く ↓ 弾けないところで止まる ↓ 初めから弾く ↓ また同じところで止まる ↓ 初めから弾く ってやると、弾けないと […]
  • ピアノオーディションピアノオーディション 2学期が始まって「学校でピアノの演奏をやります」の声がチラホラ。 弾きたい人が複数人いる場合オーディションがあります。 「わたし(ぼく)、ピアノ習っているからやりたいな…」と […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加