時代とともに変化しているピアノレッスン

2016年08月13日 ピアノ個人レッスンについてブログ

お盆休み、学生時代の懐かしい友人と会い、思い出話と近況報告であっという間のおしゃべりタイムでした。

私が子供の頃は学校のクラス数も多くクラスのほとんどの女の子はピアノを習っていました。

友人も中学2年までピアノを習っていて「もうピアノやめた」と聞いた日のことは今でも覚えています。

昔ピアノを習っていたお母様方が持つピアノに対するイメージは…

先生が怖い

練習しないと怒られる

イヤイヤ通っていた

(^_^;)

きっと、今指導者になっていなかったら私もこのイメージ↑のままです。

「生徒の立場」から「指導する立場」になり、十数年に渡ってピアノのお稽古に関わってきて思うことは、

「子供の頃に受けていたようなピアノのレッスンと今のレッスンは違う」ということです。

時代とともに変わっていく子供を取り巻く様々な環境に合わせてピアノのレッスンも変化してきました。

《変化したと思うこと》

♪ピアノのテキスト

♪レッスンスタイル

♪発表会の形式

♪保護者の方との関わり方

♪先生の接し方

思いつく大きなことを挙げてみました。

誰でもかれでもバイエルだったテキストに変わり様々なテキストがあります。

レッスンスタイルもお教室によって個性豊か。同じく発表会も昔ながらのクラシカルなものから現代風なものまで。

保護者の方とは電話だけでなくメールでのやり取りなどもあり、

昔のように練習しないと怒る先生は少ないように思えます。

だけど、練習は必要です。

練習なしで上達はありません。

それは、時代が変わろうが楽器の習い事ではどんな楽器でも同じです。

変化したことは「生徒さんが練習することを前提にレッスンが進む」のではなく(昔そうだったので怒られていたのかも)、

「練習したくなるレッスンはどんなものだろう」と先生が考え、投げかけるレッスンになったことです。

当教室のレッスンでは、私が子供の頃に疑問だったことや、分かりにくかったことはしっかりと教えています。

そして、自分がつまらないと感じていたことは「新しいもの」や「新しいやり方」をどんどん取り入れ、

昔ながらの「アナログ的でいいな」と感じる所はそのままの部分もあります。

ピアノの先生の勉強会やセミナーなどに参加して感じることですが、最近のピアノの先生はとてもよくお勉強されている方ばかりです。

昔とは違う「変化したレッスン」でピアノを楽しんでほしいです。

まだまだ勉強の途中。
これからも新しいことを取り入れながら進化し続けていきたいです。

 

オススメ記事

  • ハロウィンレッスンはひろげてつかんでハロウィンレッスンはひろげてつかんで 和音をしっかりとつかんだり、分散和音の演奏では指の間がしっかり広がると良いでしょう。 柔軟なお指は『曲の表現』や『完成度』に影響します。 指のあいだを広げよう❗️きりかぶにタ […]
  • おうちの方の関わり方おうちの方の関わり方 先日微笑ましいお話を聞きました。 ママがピアノを弾くと子どもたちみんなが集まってきてみんな弾きたがるんですって♪(3人きょうだいの生徒さん) いいなぁ!ピアノのとりあい♡ […]
  • 1歳から始めるいいこと1歳から始めるいいこと 1歳の頃の経験は子どもの記憶には残らないけど、たくさんの経験をしたら記憶がどんどん上書きされいく時期。 いろんな経験重ねることで、感情表現や言語能力が養われると […]
  • 急がば回れでピアノが上達急がば回れでピアノが上達 まだうまくスラスラ弾けないけど「はじめから目標のテンポで弾いちゃえ〜」「速く弾くのは楽しい〜❗️」 (速すぎて弾けてないって〜) (出来な […]
  • 小学校で絵本の読み聞かせ小学校で絵本の読み聞かせ 小学校にて読み聞かせをしてきました。 こちらはレッスンで行っているような音楽よみきかせではなく普通の読み聞かせです。 生徒ちゃん達も来てくれました。 だけど、行くことを伝え […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加