指使いの工夫で急がば回れ

2017年02月15日 ピアノの練習

楽譜に書いてある『指の番号』。

指使いは出版されている楽譜によって違うこともあるので、必ずしも楽譜通りでなくてもいいと思いますが、生徒さんが効率の悪い指の運び方をしているのはアドバイスしています。

人の手の大きさによって何通りかの指使いがあっても良く、指導者によってその考え方もそれぞれです。

指使いは自分で気をつけないとついつい効率が悪くても好きな指使いになってしまいます。

そんな時は「どっちがやりやすいと思う?」と弾き比べならが理解してもらいます。

指使いは一番シンプルで無駄がないものを選択してほしいです。

無駄のある指使いで何度も繰り返し練習するより、気をつけて指使いを変更するとうまく流れるようになります。

ちょっと立ち止まって指使いを見直すことで「急がば回れ」なのです♪

オススメ記事

  • ご進級おめでとうございますご進級おめでとうございます 新たな学年に進級する新学期。 さぁ、 どんなクラスかな? どんな先生かな? どんな一年になるのかな? 期待と不安が入り混ざった4月。 うららか […]
  • 中学でもピアノ継続ピアノ男子くん中学でもピアノ継続ピアノ男子くん 春に中学生になるピアノ男子くんたち。 お二人は面識のない別の小学校の生徒さんですが、偶然にもサッカー少年です。 2人とも、ガツガツ練習することなく自分のペースで続けているので […]
  • ピアノを学び続けるピアノを学び続ける 4ヶ月ぶりにピアノの個人レッスンを受けてきました⭐️   ピアノを続けていると直面するいろいろな悩み… 🌀練習する時間がない 🌀 […]
  • いつも素敵な演奏をしてくれる大人の生徒さんいつも素敵な演奏をしてくれる大人の生徒さん 大人の生徒さんたちとのレッスン時間は『子どもちゃんのレッスン』とは違った楽しみがあります。 大人になってもピアノを弾いて心地よくなったり、時には自分を追い込んでみたり、ピ […]
  • 勤労感謝の日に①勤労感謝の日に① 「はい、勤労感謝の日だから書いてきたよ〜」と、生徒さんから思いがけないプレゼント⭐︎ さとうあすかせんせいへ 『いつもがくふのきごうやピアノのひき方をおしえてくれてどうもあ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加