急がば回れでピアノが上達

2017年02月09日 ピアノの練習

まだうまくスラスラ弾けないけど「はじめから目標のテンポで弾いちゃえ〜」「速く弾くのは楽しい〜❗️」

(速すぎて弾けてないって〜)

(出来ない所はしどろもどろ)

いきなり完成形を求めて速く弾く練習を10回・20回するより、ゆっくり1〜2回弾いた方が効果があります。

「いっぱい練習したけど出来なかった〜」という生徒さんは「いっぱい練習した」ということだけで、肝心な所の練習は出来ていないことが多いのです。

時々生徒さんにしてもらう「超ゆっくり練習」「カメさん練習」は、ただ超ゆっくり1〜2回弾くだけで出来なかった所が弾けるようになることがあります。

「ゆっくり練習」はゆっくり過ぎて曲らしくなく面白くない練習。

だけどこれを頑張って1〜2回やってみるだけで…

あんなに何回もがむしゃらに練習していたのがアレアレ?

「出来た❗️」ってね♪

ゆっくり弾くことでひとつひとつの「音の動き」「手の動き」「目線のやり方」が脳内でしっかり整理されていくのです。

速く弾いていたことですべてが追いつかず噛み合ってなかったものが手に取るように分かります。

スローで再生すると「こんなになっていたんだ〜」って発見があるのと同じくらいに。

ただ「ゆっくり練習」をご自宅でお子さんが1人でするのは難しい場合もあります。

再生時間がゆっくりなのと同じで時間がかかり「ゆっくり過ぎて」もどかしく、ついつい気がついたら速くなっていたりしますので。

それにゆっくり弾くことが目的ではなくいろんなことを整理するのが目的ですから、ポイントをおさえながらやって欲しいのです。

なのでレッスンの中で一緒に声をかけながらやっています。

あまりの「のろさ」に笑いが出ちゃうよね⭐︎

その中で子供たちが感じるのは「超ゆっくり弾くのはすんごく難しい」ってことです。

「超ゆっくり練習」で出来た後はもうスラスラ〜⭐︎

これまで出来なかったのが不思議なほど。

「ではテンポをあげましょう」

「音色はどうかな?」

「強弱にも気が配れるね」


急がば回れで効率の良い練習をオススメしています。

オススメ記事

  • 指使いの工夫で急がば回れ指使いの工夫で急がば回れ 楽譜に書いてある『指の番号』。 指使いは出版されている楽譜によって違うこともあるので、必ずしも楽譜通りでなくてもいいと思いますが、生徒さんが効率の悪い指の運び方をしているのはア […]
  • ご自宅でのピアノ練習量それぞれご自宅でのピアノ練習量それぞれ 当教室のモットーは 「人と比べない」 「小さなできたを積み重ねる」 「前回より進歩したことを褒める」 生徒さんには「毎日必ず練習する子」もいれば「週に1〜2回弾くのがやっ […]
  • なんてピアノが下手なんだろうなんてピアノが下手なんだろう 来月のピアノ演奏に向けてショパンのエチュードと格闘中。 久しぶりに恩師のレッスンも受けました。 隙間の時間を見つけては練習、練習、練習…。 いつも「なんでこんなに下手なんだ […]
  • すぐに結果が出ないピアノのお稽古すぐに結果が出ないピアノのお稽古 ピアノには、長い時間をかけて身につく要素があります。 長い時間をかければかけるほど奥深さを知ることが出来ます。 「理想を求めて」 「課題を持って」 すぐに改善出来なくても […]
  • すぐに結果が出るピアノのお稽古すぐに結果が出るピアノのお稽古 1日弾かなければ取り戻すのに3日かかると言われているピアノの練習。 スポーツなどのトレーニングでも同じことが言えます。 長年ピアノを弾いていると自分の指の「鈍り具合」はす […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加