幼児期にピアノとふれあった記憶

2016年05月29日 ブログ

私が1番最初に音楽と出会ったのは幼稚園の放課後にあるグループレッスンでした。

半年ほど経ってお引越しのため個人レッスンへ。

だけどその先生が産休のためお休みされることになり、習い始めてすぐだったため別の先生を紹介されます。

次の先生との出会いは私にとって衝撃的なものでした。

大きく開いたグランドピアノのふた。

先生が奏でてくれる伴奏に合わせて弾くと部屋全体が別世界になりました。

「なんて素敵な響きがするのだろう」

「もっと聴きたいなぁ」

子供の頃に得た感動は一生心に残ります。

「ピアノを弾く」「音色を聴く」という日常生活には必要のない特別なことをする時間。

ご飯を食べたり遊んだり、当たり前にある時間とは違う「ピアノとふれあった記憶」は30年以上たった今でもはっきりと焼き付いています。

一生心に残ることを伝えているピアノのレッスンはとても重要で責任のあることです。

「言葉掛け」

「接し方」

「音楽のアプローチ」

この楽譜を見るたびに思い出される遠い日の記憶は、今の自分に大切なことをいつも教えてくれます。

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • ありがたいお言葉ありがたいお言葉 いつも元気になるお言葉をくれる生徒さんのママから嬉しいお言葉をいただきました。 ママたちからのねぎらいのお言葉にはいつも励まされています。 『〇〇をはじめ(生徒さん […]
  • 変わらない存在でありたい変わらない存在でありたい しばらくぶりの更新となってしまいました。 ホームページを開設して以来、こんなに更新しなかったのは初めてかもしれません。 この期間にも資格取得試験に合格したり、新たに […]
  • ピアノがある日常は心地よく幸せな時間ピアノがある日常は心地よく幸せな時間 3月でピアノを卒業される生徒さんの保護者の方からの素敵なお言葉です。 『ピアノの音がある日常がとても心地よく、娘の成長も感じることができ、幸せな時間でした』 ピアノ […]
  • どうやってこの部屋にピアノ入れたんですかどうやってこの部屋にピアノ入れたんですか 小さなレッスン部屋にめいいっぱい面積を取って入っているグランドピアノ。 時々保護者の方や初めて来られた方から「どうやっていれたんですか?!」と聞かれます。 私は、子 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加