年少さん年中さんのピアノ個人レッスン

2020年01月17日 ピアノ個人レッスンについて

ピアノの個人レッスンでは、学年差や月齢差の細かいところまで行き届くようにレッスンプランを立てています。

特に年少さん・年中さんのレッスンでは一人一人の能力や性格に合わせて細やかに教えていくことはもちろん、「疲れちゃった」「今日はねむたいなぁ」って気分にも寄り添います♪

楽器の演奏を習得するにあたってはたくさんの項目をお勉強しているから、

(歌う・聴く・読む・弾く・書く・イメージする・表現するなど)

遅い早いではなく、たくさんのことがバランスよく伸びていくように、それぞれの良い所と今後の課題をうまく投げかけながらすすめています。

大切にしていることは「この年齢だからこそ育むことが出来ること」を教えたいということ。

一つ年齢が大きくなったらピンとこないかもしれないから、今の時期に(3歳〜4歳)伝えたておきたいな。

それは、長く続けるためにとても必要なことなんです。

年少さん・年中さん、何歳何カ月から始めても、習い始めた時に合わせた1番良いレッスンをしたいです。

いつも音楽が心を動かすようなレッスンをしたいと思っています。

オススメ記事

  • 失敗から学ぶ大切さ失敗から学ぶ大切さ 「これも弾いてきました〜♪」といつも自分で次のページの曲まで予習してくる3年生の生徒さん。 自分で「この曲って…こうかな…♪」と譜を読んで弾きながら自分の力で新しい曲に出会える […]
  • 複雑だけど全力で応援しています複雑だけど全力で応援しています 先週から、ちらほらと学校でのピアノ伴奏をレッスンに持参する生徒さんが増えて来ました。 中学生の生徒さんは一足先に無事オーデイションに合格されましたよ♪ さて、小学生はどうかな […]
  • 学び続けること 寄り添うこと学び続けること 寄り添うこと コロナの影響で子どもたちの教育が停滞しています。 それぞれの事情で出来ることと出来ない事があると思いますが、学校先生から習い事の先生まで、どんな形であっても「先生」たちは […]
  • たんぼのなかのいっけんやという曲たんぼのなかのいっけんやという曲 たんぼのなかの~♪ いっけんや~♪ こんな歌詞のついたピアノ曲があります。(オルガンピアノの本1より) 生徒さんのレッスンでこの曲が出てくると、この辺の環境とあまりに違いす […]
  • 自分の想いを音で表現すること自分の想いを音で表現すること 『ピアノを弾いて息抜きに』 『ピアノを弾くと癒される』 そう思えるのは自分の想いを音に映し出したり重ね合わせたりしているからです。 そう思えることがピアノを弾く楽しさでもあ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加