年少さんの頃から蓄えた成果

2017年09月13日 生徒さんたちのレッスン

年中さんの女の子は最近『サクサクサク~♪』と曲を進んでいます✨

音符やリズムを正確に読むことが出来て、音符を目で追いながら、手を見なくても指を動かすこと(ブラインドタッチ)が出来ています。

音の聴き取りはもちろん、弾きながら歌うこともできますよ。

お指の関節もしっかりしてきました。

「いわれなくてもひとりでれんしゅうしてるよ」だって❗️✨

それもこれも年少さんの頃の1年間があったからです。

年少さんに上がるひと月前の3月からレッスンをスタート。

プレレッスンでは(特に年少さんは)、じっと座ってピアノを弾くスタイルでなくていいと考えています。

座って弾くことよりも、ピアノを弾くために必要な要素(歌う・動く・見る・聴く)を蓄えることで後のピアノ演奏がスムーズに。

これまで一つ一つ別々にお勉強していた要素が合わさって、自分の力で楽譜を読んで弾くことにつながったみたい⭐︎

自分で理解して弾けるようになると自然とピアノの前に座っていることができます。

楽しくピアノと出会って欲しいというレッスンの想いがしっかり伝わってとても嬉しく思います。

これからも身についた音楽の土台とともにピアノを楽しんでほしいです♪

オススメ記事

  • 頑張る中高生✨頑張る中高生✨ 子供の頃から続けて、いつピアノのレッスンを終えよう…。私はその終える日が決められなくまだ続けています。 これまで教えた子は、「高校受験まで」「大学受験まで」「就活まで」と長く皆さ […]
  • ワークやドリルで音楽理論ワークやドリルで音楽理論 楽典とは「音楽の基礎的な理論」のこと。 もっと身近な言い方をすると「楽譜を読んだり書いたりするのに必要な決まり事」です。 この黄色の本、音楽を専門としている人なら必ずと言って […]
  • 小学生のクリスマス会②小学生のクリスマス会② 1年生グループのクリスマス会はよく知っている仲良しさんが集りました。 飾りつけ楽譜で練習していたクリスマス曲をまずはソロ演奏。 その後にお友達といっしよに弾いてグル […]
  • 先生の先生??先生の先生?? 今日は自分のレッスンでした。    「先生も習いに行ってるんですか⁉️」と驚かれます。 「ピアノの先生」は自分もピアノを習ってきて「先生」になりました。 […]
  • ピアノレッスンで譜読みを諦めないピアノレッスンで譜読みを諦めない 「楽譜を見てないんです」 「楽譜が読めないみたいなんです」 「聴いて弾いているようで」 というご相談をよく受けることがあります。 習い始めのお子様は楽譜からたくさんの情報 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加