平成から令和へ

2019年05月03日 ブログ

新しい時代がやってきましたね。

平成時代は私にとって人生の節目がたくさんあった時代でした。

新しい時代、いくら便利な世の中になっても、AIなどがすすんでも、子供たちと接することを機械に任せることはできません。

「心通うレッスン」「感性を育むレッスン」 をこれからも末永く続けていきたいと思っています。

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • 仕事がはかどる音楽仕事がはかどる音楽 予定が分刻みで、やることいっぱい。 でも、体が動かないな… なんかサボりたい… だらけてしまう… そんな時はこのCDをかけてみると… みるみるうちに仕事がはかどる? […]
  • 最近のたのしみ最近のたのしみ あれ?いない… と思ったら… 中にいました! ある時はこんなところに またある時はピアノ弾いていたり この時期、大人気のカタツムリくん。 最近は道で見かけることも […]
  • 今年もこの時期がやってきた合唱伴奏今年もこの時期がやってきた合唱伴奏 秋の合唱コンクールでピアノ伴奏をする生徒さんは夏休み中が勝負。 そろそろオーディションの子もいます。 立候補して手をあげたら自分だけ?! もう決まった子もいました。 9月 […]
  • 非認知能力という記事を読んで非認知能力という記事を読んで 「認知能力」が優れているのは、テストで良い点数が取れるなど学力が高いこと。 テストの点数の良し悪しだけでは測れない力が非認知能力だそうです。 非認知能力は、AIなど機械にはな […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加