小学生の楽典

2019年09月18日 生徒さんたちのレッスン

〇〇ちゃんは楽典問題をたくさんこなしてくれます。

何ページも解いてきてくれた時は丸つけが先生の宿題です。

ゆっくり見させてもらって翌週のレッスンで振り返ります。

『楽典』とは音楽の基礎的な理論のことで、音符や楽譜の知識など主に筆記で勉強します。

私のレッスンでは、小さい頃からいろんな形で取り入れています。

小さい生徒ちゃんはお絵かきのワークから始まって

次に「五線ノート」で詳しく。

それからは、進度に合わせて「ノート」や「ドリル」などで実践問題を。

楽譜を読んでピアノを弾くために必要なことをお勉強しています。

たくさんの知識が身につくと、楽譜の中からいろんな情報を読み取ることが出来ます。

オススメ記事

  • 新しいテキスト嬉しいな新しいテキスト嬉しいな 今日のレッスンで生徒さんに新しいテキストをお渡ししました。 生徒ちゃんは、一年生。 前のテキストは、あんまり練習もはかどっていない様子でしたが、 先生にはわかる! 〇〇ち […]
  • 音楽的自立が出来ました音楽的自立が出来ました 譜読みが一人でスラスラと出来るようになった生徒さん。 譜読みが定着するまでは、分からなくてすぐママに聞いちゃって… ママも教えたらすんなり練習してくれるからどんどん教えちゃっ […]
  • 楽典を本格的に勉強する生徒さん楽典を本格的に勉強する生徒さん 高校生の生徒さんのために新しくテキストを購入してきました。 小さい頃の「おえかきワーク」から始まって→小学生の頃は5線ノートや音楽ワーク→中学生になったら楽典ドリルなどたくさん […]
  • ピアノのレッスンで心も育つピアノのレッスンで心も育つ 保護者の方から言われた嬉しいお言葉があります。 小さい頃から先生に教えてもらっているからピアノを通して人の気持ちを考えられることが出来るようになったと感じました。 年少さんの […]
  • 学校ピアノ伴奏対策レッスン学校ピアノ伴奏対策レッスン 今週に入って秋に開催される学校行事のピアノ伴奏に立候補した生徒さんのレッスンが続いています。 やる気のある生徒さんたち。 オーディションでのライバルは… 自分よりピアノ歴が […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加