小学生の楽典

2019年09月18日 生徒さんたちのレッスン

〇〇ちゃんは楽典問題をたくさんこなしてくれます。

何ページも解いてきてくれた時は丸つけが先生の宿題です。

ゆっくり見させてもらって翌週のレッスンで振り返ります。

『楽典』とは音楽の基礎的な理論のことで、音符や楽譜の知識など主に筆記で勉強します。

私のレッスンでは、小さい頃からいろんな形で取り入れています。

小さい生徒ちゃんはお絵かきのワークから始まって

次に「五線ノート」で詳しく。

それからは、進度に合わせて「ノート」や「ドリル」などで実践問題を。

楽譜を読んでピアノを弾くために必要なことをお勉強しています。

たくさんの知識が身につくと、楽譜の中からいろんな情報を読み取ることが出来ます。

オススメ記事

  • 新しいテキスト嬉しいな新しいテキスト嬉しいな 今日のレッスンで生徒さんに新しいテキストをお渡ししました。 生徒ちゃんは、一年生。 前のテキストは、あんまり練習もはかどっていない様子でしたが、 先生にはわかる! 〇〇ち […]
  • ハロウィンのおたのしみハロウィンのおたのしみ 椅子カバーのように使っているカボチャ、元は仮装の衣装なんです。 これ着ていいの? 着れるんじゃない? 着てみたい子は着用オッケー。 仮装で来てくれた子はいつもと違ったレッ […]
  • 習い始めてもうすぐ1年の小1生徒ちゃん習い始めてもうすぐ1年の小1生徒ちゃん 「せんせい わたしね だいがくせいになっても […]
  • 新しいハーモニーのお勉強新しいハーモニーのお勉強 新しい和音の響きにハッとした様子の年中さん。 和音の違いを聴き分ける耳がしっかり育っています♪ 新しいハーモニーを、聴かせてみると楽しくていろんな気持ちが芽生えました。 和 […]
  • ピアノのレッスンで心も育つピアノのレッスンで心も育つ 保護者の方から言われた嬉しいお言葉があります。 小さい頃から先生に教えてもらっているからピアノを通して人の気持ちを考えられることが出来るようになったと感じました。 年少さんの […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加