小さいお子様のレッスン準備中①

2018年02月22日 お知らせ育脳レッスン

小さいお子様のレッスンを始めるにあたって色々動いています。

昨年受講してきたピアノdeクボタメソッドもその一つです。

「クボタメソッド」とは脳科学の世界的な権威久保田競先生、夫人のカヨ子先生、主婦の友リトルランドが共同で開発した幼児の脳を育てる育脳メソッドです。

クボタメソッドの理論をベースに柴田直美先生によって考案された『ピアノdeクボタメソッド』はピアノを使って脳のワーキングメモリーを鍛える新しいピアノレッスン。

◎宿題はなし

◎練習しなくていい

◎家にピアノがなくてもいい

ピアノの先生としては驚きのキャッチフレーズですが、ピアノの曲を弾くことが目的ではなく、ピアノを使って取り組む「育脳」が目的のメソッドです。

曲を弾くレッスンが始まる前の2~3歳児さんよりレッスンを開始出来ます。

『細胞同士がシナプスを介してつながって神経回路がふえるのは、2才~3才まで。

前頭前野が発達して脳が大きくなるのは4、5才までです。

それまでに使わなかった神経細胞とシナプスはどんどん消滅していきます。

脳を育てるには、2才、3才からスタートすることが、実はラストチャンスなのです!』

(パンフレットより抜粋)

行動をコントロールするのはすべて前頭前野がかかわっているそうです。

お子様の心と脳が大きく成長する大切な時期に、ピアノの音と共に健やかな成長を見守りながら大切にレッスンしたいと思います。

オススメ記事

  • 高学年になっても関わってくださるおうちの方高学年になっても関わってくださるおうちの方 おうちの方のご協力をいつもありがたく思いながらレッスンさせていただいています。 小さい頃はお子さんのレッスン付添い、大きくなっても送り迎え、ご自宅でのピアノ練習についてのお声か […]
  • 1月のレッスンではこんなことしています1月のレッスンではこんなことしています 寒い毎日が続いておりますが、ピアノの生徒さんたちはほとんどの方が元気にお休みなく来られています。 今月のレッスンは引き続き音楽かるたでいろんな音楽用語を確認中。 発表会の曲に […]
  • ピアノレッスンで「褒めた」あとには…ピアノレッスンで「褒めた」あとには… 褒めて伸ばす 褒めて育てる だけど… 「褒めておわり」「褒めちぎるだけ」「褒められてゴール」と、ならないよう褒めたあとに新たな道が広がるように声をかけています。 褒めたら […]
  • 一人でレッスンに来て集中できました一人でレッスンに来て集中できました 年中さんから始めて2年が過ぎた男の子。 いい音が出せる手のフォームと、聴き取る力のあるいいお耳をしています。 だけど、レッスンでは色んなことに興味がいってしまったり、お母さん […]
  • 今週は平成最後のピアノレッスンです今週は平成最後のピアノレッスンです 春休みが終わって久しぶりのレッスンだったのにまたお休み… 4月からスタートした子はいいペースで進んでいたのにもうお休み… 継続するお稽古の先生としてはペースが崩れることもあっ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加