子どもと関わる大人の責任

2019年11月17日 ブログ

生まれてから社会人になるまで子どもたちはたくさんの大人と関わります。

産まれてすぐの助産師さんから始まって、保育園の先生、幼稚園の先生、学校の先生、〇〇ちゃんのママ・パパ、ご近所や地域の方々。

そして、習い事やお稽古などのピアノの先生もその一人です。

たくさんの大人と関わりながら大きくなっていきます。

周りのいろんな大人が一人の子に関わりながら、応援したり、励ましたり。

子どもの心に、大人の影響力は絶大です。

ピアノのレッスンでは、その子が自分の力で考えて、自信をつけて、伸びていけるように声をかけながら寄り添っています。

週に一回、ピアノのお稽古のために時間を作って来てくれるから、大人になってもずっと心に残るレッスンをしたいです。

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • タピオカでいやされましたタピオカでいやされました 先週◯◯ちゃんからタピオカの差し入れ! 自粛生活で「タピオカ」の存在なんて、忘れていましたが気持ちがリフレッシュ出来ました♡ オンラインレッスンの合間に「エアタピオ […]
  • 学び続けること 寄り添うこと学び続けること 寄り添うこと コロナの影響で子どもたちの教育が停滞しています。 それぞれの事情で出来ることと出来ない事があると思いますが、学校先生から習い事の先生まで、どんな形であっても「先生」たちは […]
  • 意外とあっという間だった1ヶ月意外とあっという間だった1ヶ月 普段と変わらないテンションでピアノのレッスンをした1か月。 1日1日があっという間に過ぎていきました。 「どうやってするんだろうなぁ」から始まって、試行錯誤の毎日… […]
  • 残念なことの後にいいことがある残念なことの後にいいことがある 数年前、母が突然病気をしたことをきっかけにピアノのレッスンをやめたことがあります。 わたしにとっては緊急事態でした…。 だけど、それがきっかけで「クリスマス会」が毎 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加