子どもと関わる大人の責任

2019年11月17日 ブログ

生まれてから社会人になるまで子どもたちはたくさんの大人と関わります。

産まれてすぐの助産師さんから始まって、保育園の先生、幼稚園の先生、学校の先生、〇〇ちゃんのママ・パパ、ご近所や地域の方々。

そして、習い事やお稽古などのピアノの先生もその一人です。

たくさんの大人と関わりながら大きくなっていきます。

周りのいろんな大人が一人の子に関わりながら、応援したり、励ましたり。

子どもの心に、大人の影響力は絶大です。

ピアノのレッスンでは、その子が自分の力で考えて、自信をつけて、伸びていけるように声をかけながら寄り添っています。

週に一回、ピアノのお稽古のために時間を作って来てくれるから、大人になってもずっと心に残るレッスンをしたいです。

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • ありがたいお言葉ありがたいお言葉 いつも元気になるお言葉をくれる生徒さんのママから嬉しいお言葉をいただきました。 ママたちからのねぎらいのお言葉にはいつも励まされています。 『〇〇をはじめ(生徒さん […]
  • 変わらない存在でありたい変わらない存在でありたい しばらくぶりの更新となってしまいました。 ホームページを開設して以来、こんなに更新しなかったのは初めてかもしれません。 この期間にも資格取得試験に合格したり、新たに […]
  • ピアノがある日常は心地よく幸せな時間ピアノがある日常は心地よく幸せな時間 3月でピアノを卒業される生徒さんの保護者の方からの素敵なお言葉です。 『ピアノの音がある日常がとても心地よく、娘の成長も感じることができ、幸せな時間でした』 ピアノ […]
  • どうやってこの部屋にピアノ入れたんですかどうやってこの部屋にピアノ入れたんですか 小さなレッスン部屋にめいいっぱい面積を取って入っているグランドピアノ。 時々保護者の方や初めて来られた方から「どうやっていれたんですか?!」と聞かれます。 私は、子 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加