大きくなってもずっと心に響くレッスンを

2017年03月27日 ブログ

ピアノのレッスンでは、強弱や曲想などを様々な例えや表現に言い換えて投げかけるようにしています。

こちらから投げかけた言葉から壮大なスケールの物語をおしゃべりしてくれる子もいます。

無邪気に言葉にしていた子も、大きくなるにつれて「心の中のこと」を口にすることに恥じらいを持つようになってきますが、それも成長の証。

だけど、思い描いているイメージがなくなったわけではありません。

投げかけた後に、出す音が明らかに変化しているので思い描いているイメージが膨らんでいることが伝わってきます。

小さい頃は「おしゃべり」で伝えていたのが「ピアノ」で表現出来るように。

心に響くレッスンを目指しているのはいつまでも純粋な気持ちを持っていてほしいと願っているからです。

『間違えずに音を弾けること』『楽譜を正しく読めること』は大切ですが、音楽を自ら奏でることから膨らむイメージや気持ちの変化をピアノの演奏の中で楽しんでほしいです。

ピアノの演奏を心から楽しむ

完璧な演奏ではなく心で奏でる音楽

それこそが楽器を奏でる面白さ

心が成長していく中でピアノを奏でることが癒しになっていけると嬉しいです。

卒園して小学生へ。

習い始めた時は年少・年中さんだったのにもう小学校高学年の生徒さん。

背は追い越されちゃった、中学生・高校生。

この子がもう◯年生かぁ(歳とるわけだゎ)…と、しみじみと感じながら新年度のレッスン時間調整をしているところです⭐︎

オススメ記事

  • 最後のレッスン曲最後のレッスン曲 受験のためにしばらくお休みしていた生徒さんが、卒業式でピアノ伴奏をすることになりました。 小学4年生の頃から学校では毎年伴奏者候補として頑張ってこられた◯◯ちゃん。 短期間で […]
  • 春から年少さんのお試しレッスン春から年少さんのお試しレッスン お試しレッスンでは、お家の方にしっかりとレッスンを見極めていただき、お子さんには「楽しいことしにいく♪」という感じで来て欲しいなぁと思っています。 お子さんの反応もそれぞ […]
  • リトミックレッスン2歳3ヶ月ちゃんリトミックレッスン2歳3ヶ月ちゃん ◯◯ちゃんは3月生まれ。 大きくなると気にならなくなってくる早生まれだけど、この頃の月齢差は入園を前に心配なこともあります。 ◯◯ちゃんが春から通う予定だった幼稚園 […]
  • 勉強会勉強会 ショパンはフランスに住んでいたポーランド人です。 ショパンの作品はマズルカやポロネーズといったポーランド独特の舞曲がその骨格になっています。 今回の勉強会はロマン派の小品でした […]
  • 楽譜を書くお勉強楽譜を書くお勉強 音楽ドリルに『今弾いている曲を書き写しましょう』というページがあります。 弾けば簡単な楽譜でも、書き写すとなると『音符を書く位置・音符と音符の間隔・音符以外の記号』などたくさん […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加