原典版の楽譜と校訂版の楽譜

2019年12月11日 ピアノテキスト

先日、自分のレッスンで先生にお勧めの楽譜を紹介していただきました。

楽譜はいろんな出版会社から出版されています。

可能な限り作曲家の意図をくみとった楽譜を原典版と言います。(大昔に作曲家が書いた楽譜をそのまま再現したと言うとわかりやすいかな)

原典版だけでもいろんな出版社から出されたものがあります。

こちらはウィーン原曲版

原典版の他に、研究家や演奏家の解釈によってスラー・スタッカートなどのアーティキュレーションや強弱記号・指づかいなどが書き加えられた校訂版というのがあります。

今回教えていただいたのは「ムジェリー二版」。

とても細かく書いてあります。

なるほど〜

演奏のヒントが盛り沢山。

参考にする部分がありすぎてついつい弾き込んでしまいます!

生徒さんたちの楽譜選びでも上級者の楽譜は「版」にこだわって選んでいます。

生徒さんがどんな目標を持ってピアノを習い続けているかによって考慮しています。

お勧めの「版」があっても解釈が難しいものもあれば、楽譜代がお高めのものあるので、生徒さんのニーズに合った楽譜を見つけています。

長い歴史のクラシックの世界、いろいろな発見や奥深さが楽しみのひとつでもあります。

オススメ記事

  • 楽典問題集で知識が豊富に楽典問題集で知識が豊富に レッスン休講になる前に更新しようと思っていたブログ。 3月に中学生の生徒さんに新しいワークを購入しました。 レッスン休講前に渡すことが出来たので中を読んでくれている […]
  • 一人一人にあった伸ばし方一人一人にあった伸ばし方 〇〇ちゃん本人の希望で、譜読みだけのドリルをすることにしました。 これまでのワークブックで譜読みのコーナーが出てくると「やったー!」と嬉しそうにしていた〇〇ちゃん。 「これだ […]
  • テキストの買い出しテキストの買い出し テキストのまとめ買いに出かけてきました。 店内にいると、お客様とお店の方が「お客さん少ないですか?」とか「お教室のレッスンどうなってますか?」など横から聞こえてき […]
  • 定番の教本へすすみます定番の教本へすすみます お盆休み明けのレッスンでこちらの2冊のテキストへ進む生徒さんがいます。 私も子供の頃勉強した教本です。 ソナチネ・ハノンは小さい生徒さんから見るとすごく上級レベルですが、 […]
  • 楽典を本格的に勉強する生徒さん楽典を本格的に勉強する生徒さん 高校生の生徒さんのために新しくテキストを購入してきました。 小さい頃の「おえかきワーク」から始まって→小学生の頃は5線ノートや音楽ワーク→中学生になったら楽典ドリルなどたくさん […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加