勉強会

2015年10月04日 勉強会

ショパンはフランスに住んでいたポーランド人です。

ショパンの作品はマズルカやポロネーズといったポーランド独特の舞曲がその骨格になっています。
今回の勉強会はロマン派の小品でした。一言では語りにくいですが、ロマン派の作品は作曲家の気持ちや自分の故郷である国への想いがこめられています。作曲家が生きた時代、お国柄、歴史背景によって弾き方も変わります。
私は「マズルカ」担当でした。

これまでマズルカを真剣に取り組んだことがなく楽譜通りに演奏する程度でしたが、ポーランドの民族的な舞曲ということを今回のあらためて感じることが出来ました。
楽譜通りではない殻を破った弾き方が分かり、またマズルカを勉強してみたいと思います。

ポロネーズも大好き🎵

  

オススメ記事

  • 黒板でみんなをお出迎え黒板でみんなをお出迎え お部屋の整理をしていたら小さな黒板が出てきました。 リメイク後「ピアノ教室で使おう」と、とりあえずレッスン部屋の前に置いたけど、何を書こうかな。 するとレッスンに来 […]
  • 玄関玄関  ここ数年ハロウィンが盛り上がりますよね〜。早くからお店にもハロウイングッズが並んでいたので収穫祭をイメージしたお飾りにしました!   […]
  • おしゃべり絵本リトミック®︎でみんな笑顔におしゃべり絵本リトミック®︎でみんな笑顔に 私のレッスンでは絵本を使ったユニークなピアノレッスンとユーモアのあるリトミックレッスンをしています。 その中でも『おしゃべり絵本リトミック®︎』は大人気の面白コーナー♪ […]
  • 中学でもピアノ継続ピアノ男子くん中学でもピアノ継続ピアノ男子くん 春に中学生になるピアノ男子くんたち。 お二人は面識のない別の小学校の生徒さんですが、偶然にもサッカー少年です。 2人とも、ガツガツ練習することなく自分のペースで続けているので […]
  • ピアノジャズキャットピアノジャズキャット レッスンで新しく使う教本を先日購入してきました。 表紙がオシャレな色使い♪ この教本はジャズのことをよく知らなくてもジャズを弾いている風になるのが面白い! 譜面を見てその通 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加