勉強会

2015年10月04日 勉強会

ショパンはフランスに住んでいたポーランド人です。

ショパンの作品はマズルカやポロネーズといったポーランド独特の舞曲がその骨格になっています。
今回の勉強会はロマン派の小品でした。一言では語りにくいですが、ロマン派の作品は作曲家の気持ちや自分の故郷である国への想いがこめられています。作曲家が生きた時代、お国柄、歴史背景によって弾き方も変わります。
私は「マズルカ」担当でした。

これまでマズルカを真剣に取り組んだことがなく楽譜通りに演奏する程度でしたが、ポーランドの民族的な舞曲ということを今回のあらためて感じることが出来ました。
楽譜通りではない殻を破った弾き方が分かり、またマズルカを勉強してみたいと思います。

ポロネーズも大好き🎵

  

オススメ記事

  • レッスン部屋プチリニューアルレッスン部屋プチリニューアル 発表会前は、なんやらかんやら、とにかく片付けが出来ずレッスン部屋もごちゃちゃしていました。 楽譜棚整理の次は、お部屋の片付け。 撤去中のボロボロの棚は買い替えました! お部 […]
  • 楽譜棚の整理楽譜棚の整理 ずっと前から整理したかった楽譜棚。 プリントしただけの楽譜は、楽譜と楽譜の間にクシャッと挟まれ、整理すると懐かし曲やら、探していた楽譜や購入したことをすっかり忘れていた楽譜も出 […]
  • 年少さんから始めて2年経ちコンクールへ年少さんから始めて2年経ちコンクールへ 現在年長さんの生徒さん。 コンクールに向けて頑張っています! 年少さんの学年の1ヶ月前から始めたのでピアノ歴2年3ヶ月になりました。 年中さんの時には、ピアノの発表会にも参 […]
  • ピアノレッスン空き時間についてピアノレッスン空き時間について ホームページをご覧くださいましてありがとうございます。 小学生のピアノ個人レッスン(16時以降の時間帯のレッスン)は定員に達しましたので、来春までお試しレッスンはお休みします。 […]
  • お試しレッスン年中さんお試しレッスン年中さん 年中さんのお試しレッスンをさせていただきました。 グランドピアノをこんなに近くで見るのは初めてだそうです。 ピアノじっくり見て、ピアノの音もよーく聞いてくれました。 ママと […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加