入試改革に通づるものがあるピアノレッスン

2018年10月15日 ブログ

「どう弾いたらいい?」

「自分が弾きたいように自分の表現をしたら?」

曲の最後の仕上げの段階、ある生徒さん親子のご自宅での会話です。(お母様よりお聞きしたこと)

音はミスなく間違いなく弾けています。

「だけどこのままでは足りない」と思うお子様と「あなたらしさは?」と問うお母様のお言葉。

どちらの言葉も素晴らしいと思いました。

ピアノを通して親子でこんな会話が出来るなんて素敵です。

このやり取りをふと思い出したのは、「これからの入試は覚えるから考えるに!」という見出し。

答えが1つでない回答を考えたり、回答に自分らしい表現をしたりすることを求められるとか。

「どう弾く?」

「どう弾きたい?」

自分らしく、自分がやりたい表現を自分で考えるから、人によって表現が違い「自分らしさ」の答えは一つではなく、どれも正解なのです♪

ピアノを使って自分を表現するピアノのお稽古は、ずっと前から「考える」を大切にしているお稽古です。

そう言えば、生徒さんに質問して「間違いはないんだ~どれも正解!」って言うことあります。

これからもたくさんの投げかけをして子供たちの「考える」をたくさん引き出していきたいと思います。

オススメ記事

  • お問合せありがとうございますお問合せありがとうございます 少し寒さもゆるみ春の足音が聞こえてきています。 ホームページをご覧くださいましてありがとうございます。 当教室に興味を持ってお問合せくださることを大変嬉しく思います。 現在 […]
  • ピアノ個人レッスン新規受付についてピアノ個人レッスン新規受付について ホームページをご覧いただきありがとうございます。 休止していた新規レッスンの受付を再開します♪ 保護者の方のご送迎が可能であれば、降園後にお越しくだ […]
  • ジングルベルジングルベル 11月に入ってからクリスマス曲をみなさんに渡しています。    クリスマスまで弾いて楽しんだり、おうちでクリスマスの夜に家族の前で弾いたり。ピアノのクリスマ […]
  • 1歳からのお稽古は可能性を広げる第一歩1歳からのお稽古は可能性を広げる第一歩 「自分からピアノを習いたいというまで待つ」のも賛成だけど「知らないうちに習わせられていた」もアリです♪ わたしもそうでした。 小さい生徒ちゃんたちがレッスンを始める時、お家の […]
  • おばけでリズムの先行体験おばけでリズムの先行体験 今月のテーマはハロウィン企画。 子供たちに歌ってもらっている「おばけなんてないさ♪」は、幼児から小学生までみんな知っていてどの子も上手に歌ってくれました❗️ 『だけど♪ちょっ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加