入試改革に通づるものがあるピアノレッスン

2018年10月15日 ブログ

「どう弾いたらいい?」

「自分が弾きたいように自分の表現をしたら?」

曲の最後の仕上げの段階、ある生徒さん親子のご自宅での会話です。(お母様よりお聞きしたこと)

音はミスなく間違いなく弾けています。

「だけどこのままでは足りない」と思うお子様と「あなたらしさは?」と問うお母様のお言葉。

どちらの言葉も素晴らしいと思いました。

ピアノを通して親子でこんな会話が出来るなんて素敵です。

このやり取りをふと思い出したのは、「これからの入試は覚えるから考えるに!」という見出し。

答えが1つでない回答を考えたり、回答に自分らしい表現をしたりすることを求められるとか。

「どう弾く?」

「どう弾きたい?」

自分らしく、自分がやりたい表現を自分で考えるから、人によって表現が違い「自分らしさ」の答えは一つではなく、どれも正解なのです♪

ピアノを使って自分を表現するピアノのお稽古は、ずっと前から「考える」を大切にしているお稽古です。

そう言えば、生徒さんに質問して「間違いはないんだ~どれも正解!」って言うことあります。

これからもたくさんの投げかけをして子供たちの「考える」をたくさん引き出していきたいと思います。

オススメ記事

  • 先日いろんな質問をされました先日いろんな質問をされました 『ピアノの魅力はなんですか?』 『ピアノを弾く時に大切にしていることは何ですか?』 一言では答えられないような質問をされました。 (取材ということで、この他にもたくさん!) […]
  • 変わらない存在でありたい変わらない存在でありたい しばらくぶりの更新となってしまいました。 ホームページを開設して以来、こんなに更新しなかったのは初めてかもしれません。 この期間にも資格取得試験に合格したり、新たに […]
  • ピアノがある日常は心地よく幸せな時間ピアノがある日常は心地よく幸せな時間 3月でピアノを卒業される生徒さんの保護者の方からの素敵なお言葉です。 『ピアノの音がある日常がとても心地よく、娘の成長も感じることができ、幸せな時間でした』 ピアノ […]
  • どうやってこの部屋にピアノ入れたんですかどうやってこの部屋にピアノ入れたんですか 小さなレッスン部屋にめいいっぱい面積を取って入っているグランドピアノ。 時々保護者の方や初めて来られた方から「どうやっていれたんですか?!」と聞かれます。 私は、子 […]
  • せんせいこんなのひきましたせんせいこんなのひきました 時々生徒さんから「先生こんなの弾きました♪」と動画が送られてきます。 先日は習い始めて半年少し経った1年生ちゃん。 YouTubeを見ながらねこふんじゃったを弾いた […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加