令和になったタイミングでふりかえる音楽史

2019年05月06日 今月のテーマ

ピアノの生徒さんの中には音楽史や作曲家についてすごく興味を持っているお子さんがいます。

レッスンでは弾くことだけでなく、音楽の雑学や知識も教えているので、これまでに音楽史を取り上げることもよくありました。

新しい元号になった歴史的な機会だから、このタイミングで音楽史を詳しくやってみます。

これまである程度大きい子だけでしたが、低学年の子にもわかりやすく伝えられるように連休中にせっせと準備をしていました。

連休明けのレッスンもお楽しみに♪

オススメ記事

  • さようならのあとにさようならのあとに レッスンの最後に音名で歌ったメロディを口ずさみながら帰っていきましたぁ〜🎵 レッスン中はおしゃべりもせずとても真面目な子。 「楽しんでくれてるのかしら?」と時々心 […]
  • 発表会で親子連弾♪発表会で親子連弾♪ 昨日は発表会に親子連弾で参加される方の特別レッスンでした♪ 発表会は『前半はソロ演奏』『後半は連弾演奏(他楽器との共演も可)』の2部構成です。 後半の連弾コーナーでは、演奏す […]
  • 生徒さんたちのご活躍生徒さんたちのご活躍 秋は音楽発表会に学習発表会、合唱コンクール、と生徒さんたちの学校ではイベント盛りだくさんでしたね。 歌や合奏を披露するので、ピアノを習っている生徒さんたちは大活躍‼️ 大太鼓 […]
  • お歌の歌詞カードお歌の歌詞カード クリスマス会に向けてレッスンでお歌を歌っています。 楽譜の歌詞を目で追ってもらってもいいのだけれど、小さな字だし、2番の歌詞はよく分からなくなっちゃうよね〜。 間違って1番を […]
  • レッスンお休みを決断して思うことレッスンお休みを決断して思うこと 今回の学校休校はピアノの先生だけでなく子どもたちのお稽古スクールの先生、施設、みんなが考えさせられました。 私もすごく迷いましたが一旦お休みすることを生徒さんに一斉連絡したあと […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加