令和になったタイミングでふりかえる音楽史

2019年05月06日 今月のテーマ

ピアノの生徒さんの中には音楽史や作曲家についてすごく興味を持っているお子さんがいます。

レッスンでは弾くことだけでなく、音楽の雑学や知識も教えているので、これまでに音楽史を取り上げることもよくありました。

新しい元号になった歴史的な機会だから、このタイミングで音楽史を詳しくやってみます。

これまである程度大きい子だけでしたが、低学年の子にもわかりやすく伝えられるように連休中にせっせと準備をしていました。

連休明けのレッスンもお楽しみに♪

オススメ記事

  • 今月は音楽かるたやってます今月は音楽かるたやってます 新年のレッスンは音楽かるたで始まりました。 「へぇ~こんなのあるんだぁ」 「えー、できるかなぁ?!」 お正月の遊びなので、みんな興味津々で取り組んでくれています。 音 […]
  • 8~9月は譜読み強化月間8~9月は譜読み強化月間 8~9月のテーマはふよみ。 […]
  • ふよみ早読みタイムふよみ早読みタイム 今週のレッスンでは譜読みチェック♪ 8つの音を音程はつけずに素読みします。 生徒さんのレッスン経験年数に合わせてト音記号、ヘ音記号、加線の音、色々な音域を確認しました。 目 […]
  • 久しぶりのレッスンだよりと楽譜買い出し久しぶりのレッスンだよりと楽譜買い出し 1月からしばらくお休みしていたレッスンだより。 発表会のことや、これからのレッスンで取り組むお楽しみや、お知らせなどを書いています。 そして、今日は新しいテキストの大量買い出 […]
  • 10月はピアノのレッスンでもハロウィン気分10月はピアノのレッスンでもハロウィン気分 最近は子供達の間でもハロウィンパーティーをしているようですね。 ということで、ピアノのレッスンでも10月はハロウィンをちょっとだけ取り入れています。 お化けの歌を歌ってみたり […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加