フレッシュな初めてのレッスン

2016年02月10日 ブログ

初めてピアノを習いに行った日のこと、大昔のことだけど覚えています。 

新しいピアノの本をもらって嬉しくて後ろのページまで全部チェックしました。(その後も新しい本をもらうたびにまず1番後ろから先に見ていたなぁ)

1番後ろのページの曲はすんごく難しそう🌀だけど「ここまで進んだらいつかこれが弾けるようになっているんだ〜、自分❗️」とニンマリしながら見るのが楽しみだったのです⭐︎

折り目の付いてない新しいピアノの本を一緒に開くと生徒さんのワクワクする新鮮な気持ちとともに、知りたい❗️学びたい❗️楽しい❗️が一気に伝わってきます。

これから長〜いピアノとの生活。

思うように弾けないこともあるかもしれない…

だけど、この日のことを思い出し、この新鮮な気持ちのまま末長〜くよろしくね⭐︎

  

オススメ記事

  • 「気づき」で脳が活性化「気づき」で脳が活性化 左のページと右のページをキョロキョロと見比べて楽譜の間違いさがしをする楽譜。 『「好奇心」「気づき」「学ぶ」ことが必要不可欠になります。なかでも「気づき」最も大切 […]
  • 絵本を使ったリトミックの理由絵本を使ったリトミックの理由 私は子供の頃から、絵本を見たりお話を読んでいたら、自分の中に音楽が流れてきていました。 絵を描く人から聞いた話では、絵を描いていると音楽が流れてくるそうですよ。 絵で […]
  • 勉強会勉強会 ピアノ講師の勉強会の曲が割り当てられました🎵今回はロマン派の小品ということで私はこの曲を弾くことになりました。 曲の解釈はもちろん、生徒さんへの声のかけ方、手や […]
  • 幼少期『音楽とともに胸に秘めた想い』幼少期『音楽とともに胸に秘めた想い』 子供の頃ピアノのレッスン中に「大きな声で歌って!」と声が出るまでやり直しさせられたことがありました。 また別の日には「この曲聴いてどう思う?」と質問されて「………。」 言葉に […]
  • 楽譜から読み取ることの大切さ楽譜から読み取ることの大切さ 楽譜から読みとって欲しいことは、 ①音符の高低 5線の「線の上」「線の間」を理解して読んでいく「譜読み」です。  ②音符の長さや休符などのリズム 音の高低が読め […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加