ピアノ講師の勉強会

2017年01月15日 勉強会

こちらの勉強会は代表のピアノ講師の呼びかけで開かれている自主勉強会です。

「講師の先生」をお招きして毎回テーマを決めて数名のピアノ講師が集まっています。

今回は『近現代のピアノ曲の解釈と指導について』。

ショスタコーヴィッチとバルトークの作品を取り上げました。

それぞれ事前に宿題として与えられた曲をみんなの前で演奏しながら指導や解釈を教えていただきます。

バルトークは(〜1945年)民俗音楽の研究にも力を注いでいた作曲家ということもあり、今回私が演奏した曲も、どことなく「わらべ唄」のような響きが感じられる曲でした。

●音域に合わせた様々なタッチ

●呼吸をしっかりとる

●近現代における「8分の6拍子」

まだまだ知らない曲がたくさんあるバルトーク。奏法はこの勉強会で初めて知ることも多いのです。

バロックや古典の曲にはない独特な響きが面白く、時代の変化と共に移り変わっていった音楽の歴史を知ることで視野を広げることが出来たような気がします。

そして、今回は「昔」(私が子供の頃)と「現在」(最近)のピアノ奏法や指導法の違いをたくさんお話ししていただけました。

そこで、かなり自分の体が柔軟でないような?それが演奏を硬いものにしているような?

また自分への課題が増えました。

生徒さんへの指導にも活かしていきたいです。

オススメ記事

  • 普段のレッスンは気楽にみんなのペース普段のレッスンは気楽にみんなのペース 今月は後半が夏休みに入ることもあり、発表会があった週もお休みなくレッスンが始まった曜日もありました。 生徒さん達は発表会のプレッシャーから解放されて「次からは何するのかなぁ〜」 […]
  • レッスングッズコーナー撤去中レッスングッズコーナー撤去中 発表会の曲に向けて熱いレッスンをしています♪ 週末に弾きあい会もあり、本番に向けて緊張感も高まってきました。 ここ数週間、発表会曲中心のレッスンだったので面白いレッスングッズ […]
  • ステージ演奏の次は人形劇でピアノ演奏ステージ演奏の次は人形劇でピアノ演奏 先日個人レッスンを担当している音楽教室のコンサートでピアノ演奏をしました♪ 本番が1つ終わりホッとしたのもつかの間、次は11月のピアノ演奏に向けて準備しています。 11月は人 […]
  • ピアノレッスンはつつみかくさずはっきりとピアノレッスンはつつみかくさずはっきりと 『生徒さんのレッスンでのご様子』 保護者の皆さんには気がついたことをはっきりと本音でお伝えしております。 お子様お一人でレッスンに来ている場合、年齢が上になればなるほど「外で […]
  • 幼児期にピアノとふれあった記憶幼児期にピアノとふれあった記憶 私が1番最初に音楽と出会ったのは幼稚園の放課後にあるグループレッスンでした。 半年ほど経ってお引越しのため個人レッスンへ。 だけどその先生が産休のためお休みされることになり、 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加