ピアノ講師の勉強会

2017年01月15日 勉強会

こちらの勉強会は代表のピアノ講師の呼びかけで開かれている自主勉強会です。

「講師の先生」をお招きして毎回テーマを決めて数名のピアノ講師が集まっています。

今回は『近現代のピアノ曲の解釈と指導について』。

ショスタコーヴィッチとバルトークの作品を取り上げました。

それぞれ事前に宿題として与えられた曲をみんなの前で演奏しながら指導や解釈を教えていただきます。

バルトークは(〜1945年)民俗音楽の研究にも力を注いでいた作曲家ということもあり、今回私が演奏した曲も、どことなく「わらべ唄」のような響きが感じられる曲でした。

●音域に合わせた様々なタッチ

●呼吸をしっかりとる

●近現代における「8分の6拍子」

まだまだ知らない曲がたくさんあるバルトーク。奏法はこの勉強会で初めて知ることも多いのです。

バロックや古典の曲にはない独特な響きが面白く、時代の変化と共に移り変わっていった音楽の歴史を知ることで視野を広げることが出来たような気がします。

そして、今回は「昔」(私が子供の頃)と「現在」(最近)のピアノ奏法や指導法の違いをたくさんお話ししていただけました。

そこで、かなり自分の体が柔軟でないような?それが演奏を硬いものにしているような?

また自分への課題が増えました。

生徒さんへの指導にも活かしていきたいです。

オススメ記事

  • あたらしい出会いあたらしい出会い 今日初めてのレッスンの子が2名いました🎶 1人は小4で初めてピアノを習い始める男の子。 もう1人は年中さんの女の子。 同じ「初めて」でも、出来ることや理解力、手 […]
  • クリスマス会でよみきかせクリスマス会でよみきかせ クリスマス会恒例『絵本のよみきかせ』。 ピアノの先生ならではの『よみきかせ』ということで、ピアノ演奏とともに聴いてもらいました。 ストーリーや場面に合った音楽は、私のイメージ […]
  • 高宮駅すぐの所で1歳からのおんがく教室高宮駅すぐの所で1歳からのおんがく教室 おとをきこう♪ おとをうたおう♪ おとをえがこう♪ おしゃべりしよう♪ こんなお歌で始まる1歳から始まる音楽レッスン。 音を描いたり、音でおしゃべりしたり、言葉でなく音 […]
  • 一人でレッスンに来て集中できました一人でレッスンに来て集中できました 年中さんから始めて2年が過ぎた男の子。 いい音が出せる手のフォームと、聴き取る力のあるいいお耳をしています。 だけど、レッスンでは色んなことに興味がいってしまったり、お母さん […]
  • 1歳からのお稽古は可能性を広げる第一歩1歳からのお稽古は可能性を広げる第一歩 「自分からピアノを習いたいというまで待つ」のも賛成だけど「知らないうちに習わせられていた」もアリです♪ わたしもそうでした。 小さい生徒ちゃんたちがレッスンを始める時、お家の […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加