ピアノレッスンで楽曲分析

2016年09月20日 生徒さんたちのレッスン

ソナチネをお勉強している6年生。

音楽ドリルで「調の勉強」をしているので曲の中に隠れているいろんな調を探したり、曲がどんな形式か楽譜をよく観察したりしています。 

だけど、このようにいきなり難しい分析をするのではなく、小さい頃から自然と形式を考えることが出来るように、「絵マーク」で取り組みます。(あまり絵心はありませんが…)

「同じメロディをさがしてみよう♪」

「せんせい、すこしちがうよ〜」

「仲間だからすこし違うマークね〜」


曲全体の形式や骨組みをいつも見るように目を向けていると、曲が長くなった時に「長くて大変」とならずに頭の中で整理されていきます。

どんな「絵マーク」にするかは、生徒さんと一緒に考えています⭐︎

オススメ記事

  • 制服姿が新鮮な新中学1年生制服姿が新鮮な新中学1年生 入学式が終わった翌週のレッスンには制服姿で来てくれました♪ 中学生になったら学校・部活で忙しくなり自宅での練習時間も取りにくくなってきます。 なので小学生の間に、基礎的な知識 […]
  • 頑張る中高生✨頑張る中高生✨ 子供の頃から続けて、いつピアノのレッスンを終えよう…。私はその終える日が決められなくまだ続けています。 これまで教えた子は、「高校受験まで」「大学受験まで」「就活まで」と長く皆さ […]
  • 習い始めて5ヶ月(小3女の子)習い始めて5ヶ月(小3女の子) 学校でのピアノオーディションを見事に勝ち取り、メキメキと力をつけています⭐︎ 「大丈夫かな〜?でもやれるだけやってみようね」と言って練習し始めたオーディションの曲。 「絶対に […]
  • まつぼっくりにゆきが降ってるねまつぼっくりにゆきが降ってるね 「まつぼっくりにゆきがふってるね。秋と冬だねぇ。」 そんな会話をされていた生徒さん親子。 ママがかける言葉一つでパッといろんなイメージがふくらみます。 他にも「クリスマスみ […]
  • ハロウィンレッスンはひろげてつかんでハロウィンレッスンはひろげてつかんで 和音をしっかりとつかんだり、分散和音の演奏では指の間がしっかり広がると良いでしょう。 柔軟なお指は『曲の表現』や『完成度』に影響します。 指のあいだを広げよう❗️きりかぶにタ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加