ピアノレッスンで「褒めた」あとには…

2016年11月15日 ブログ

褒めて伸ばす

褒めて育てる

だけど…

「褒めておわり」「褒めちぎるだけ」「褒められてゴール」と、ならないよう褒めたあとに新たな道が広がるように声をかけています。

褒めたら、次の課題をサラッと気づかれないように与え、

またある時は「褒めるところ」と「そうでないところ(課題)」もはっきりと伝えます。

レッスンで与える課題は「小さなもの」から「大きなもの」まで様々。

一人一人の年齢やペース、その日の状況や気分によって違います。

例えば、レッスンに来る前に嫌なことがあって気分が乗らずに来た子には「今日レッスンに来たこと」を褒めることだってあるのです。

『来週は笑顔で来ることが課題だよ』という想いをこめて⭐︎

小さな「出来た」を積み重ね「褒められること」で「進歩し」「乗り越える力」が育ってほしいなぁと思っています。

オススメ記事

  • バースデーレッスンと賛美歌バースデーレッスンと賛美歌 今週はピアノのレッスン日が「お誕生日」の生徒さんがいました。 ハッピーバースデーの演奏で始まったピアノのレッスン♪ 「わぁ、きれ~い」 〇〇ちゃんは先生の演奏を聴くといつも […]
  • あけましておめでとうございますあけましておめでとうございます 今年もアットホームで小さな楽しいピアノ教室をどうぞよろしくお願い申し上げます。 小さなピアノ教室だけど、子どもたちがピアノを楽しめる『楽しいしかけ』がたくさんあるお教室で […]
  • なかよしふたりでたのしいななかよしふたりでたのしいな 今日は一人の生徒さんのレッスンに違う曜日の『お友達生徒さん』が来てくれました。 おふたりはなかよしさん。 同じピアノ教室ということでクリスマス会で2人で弾くことをわたしが提案 […]
  • 先生のレッスン方針は何ですか先生のレッスン方針は何ですか 毎日のレッスンと、教室ブログの更新、ホームページに熱く語ったレッスン方針を記載しているので、普段改めてたずねられても言葉がすぐに出てこないこともあります。 それは、一言では言い […]
  • 素晴らしいごあいさつ素晴らしいごあいさつ 年中さんから習い初めて2年半が過ぎた小学生2年生の男の子。 レッスンでは「まるで我が家のように、好き勝手やってすみません」と、以前付き添いで来られたおばあちゃんが驚かれるほどマ […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加