ピアノを習い始めたら準備するもの②『楽器編』

2016年12月10日 ピアノ個人レッスンについて

ご自宅での練習楽器には「ピアノ」か「電子ピアノ」をおすすめしています。

自宅に楽器が必要な理由は「習ったことをさらに自分の指に定着させるため」です。

そして、自分の趣味としてご自宅で「いつでも気軽に好きな曲を奏でて」こそ「情操教育」なのです⭐︎

キーボードはおすすめしていませんがキーボードでも構わないケースは、

●間に合わせですぐに準備する場合
●レッスンが進んだら必ず買い替える場合
●小さなお子様に初めの頃だけ
●タッチのコントロールなど、楽器の違いが理解出来る大人の生徒さんがご自分で納得して購入する場合

ピアノのレッスンでは、キーボードで弾く場合を考慮してないので、

レッスンが少しすすんだだけで、
「この音はうちのキーボードにはないので弾けません」
「ペダルはないので練習出来ません」

という支障が…。 

「ない音を弾いているつもり」

「ペダルを踏んでいるつもり」

と真似するような素振りで手足を動かしたり、楽譜通りの演奏でなく楽譜の音を変更したり、ペダルを使用しなかったりすることも出来ますが、音楽を広げられないことに納得がいかない部分もあります。

生徒さんも「こうするしか、仕方ないか…」とピアノを習いに来ているのにピアノに対して妥協しなければならなく、せっかくのレッスンが勿体無いのです。

そして、私がピアノのレッスンにおいて、大切にしていることの一つ…

「自分で考えて作り出す音が音楽になる喜び、奏でる楽しさ」において、

「指先のタッチ」や「聴き分ける耳の力」などから音を作り出すことを学ぶには、鍵盤数やペダルがなく強弱もつけられないキーボードでは限界があり物足りなく思えます。

習い始めると同時に大きなお買い物をしなければなりませんが、ご家庭のライフスタイルやインテリアに合わせてピアノ選びも楽しんでほしいです⭐︎

楽器の購入は安いお買いものではありませんので、生徒さんから楽器について質問された時には、すぐに答えられるように楽譜購入で立ち寄った時にはチラッと楽器も見て帰っています⭐︎

オススメ記事

  • お試しレッスン年中さんお試しレッスン年中さん 年中さんのお試しレッスンをさせていただきました。 グランドピアノをこんなに近くで見るのは初めてだそうです。 ピアノじっくり見て、ピアノの音もよーく聞いてくれました。 ママと […]
  • 生徒さんたちの声をかたちにしています生徒さんたちの声をかたちにしています 私のピアノ教室では子どもたちがワクワクする◯◯なレッスンや、やる気が出てくる◯◯なことがあります。 楽しいレッスンのアイデアは、何気ない生徒さんの一言から「それ、いいね! […]
  • フォルテ《f》は「強く」だけじゃないフォルテ《f》は「強く」だけじゃない    強弱記号で フォルテ(強く) メゾフォルテ(少し強く) メゾピアノ(少し弱く) ピアノ(弱く) とあるけど、偏屈かな、この4つの言い方におさめ […]
  • 楽しいだけじゃなく夢中になれるレッスン楽しいだけじゃなく夢中になれるレッスン 年少さんの◯◯ちゃんは、習い始めて4ヶ月なのに「予習」をしていてビックリ! 「ピアノを弾くのが好きすぎてどんどん先までテキストを見ています」 最近の勢いがすごくて、 […]
  • おてがみありがとうおてがみありがとう 先日生徒さんからおてがみをいただきました。 『レベルが上がるにつれてどんどんむずかしくなって下手になってしまうときがあるけど、先生はいつもほめてくれるからうれしいです』と […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加