ピアノを弾いて鍛える右脳と左脳

2016年09月27日 勉強会生徒さんたちのレッスン

先日の勉強会の中で大変興味深いお話を聞きました。

ピアノは右脳に働きかけると思っていたけれど、内容によって右脳と左脳を使い分けているそうです。

《右脳の働き》

初見で演奏する

即興で演奏する

聴いて演奏する(耳コピー)

人前で演奏する

同じ音形を左手だけ違うことする(勉強会では具体的にその動きの練習法をやってみました)

とっさの判断やひらめきが求められるのが右脳かな。

《左脳の働き》

音符を読む

指づかいを正しく弾く

楽譜の決まり事を覚える

決められた反復練習をする

しっかり見て考えて理解することが左脳ですね。

こうして見ると右脳派?左脳派?の人がいるように思えます。

「人前で演奏すること」は右脳❓❗️

確かにステージで演奏する時はお部屋で1人で弾いている時とは別の感覚になってしまい、練習では出来たのに…❗️ってことがよくあります。

本番「頭が真っ白に」とか「暗譜しているから手が勝手に動く」「楽譜のどこを見たらいいのかわからなくなった」ということがあるのは、右脳で弾いているからだったのかな。

左手だけ別の動きをする練習はレッスンでもやっていますよ。

楽譜と違う弾き方で形を変えて練習したり、わざと違うところにアクセントをつけたりします。

これにはたくさんやり方がありますね。

早速、今日のレッスンでやってもらった子もいます♪

右手はレガート(つなげて)

左手はスタッカート(つなげずに)

「両方スタッカートになってるよ、気をつけて」

「逆もやろうね〜♪」


ちょっとのことなんだけど、脳がフル回転しているようでした❗️

バランスよく音楽力がつくように試みていることはバランスよく右脳と左脳を働かせていることなんですね⭐︎

オススメ記事

  • 楽しい音楽活動してきました楽しい音楽活動してきました 今週は、手作りの人形劇や影絵を子どもたちの前で公演しているママさん活動のお手伝いに行ってきました。 絵本の文章をセリフやナレーターに書きかえて台本から手作り。 台本によって少 […]
  • 母親の耳も育つピアノのレッスン母親の耳も育つピアノのレッスン 私の母はピアノが弾けません。 楽譜も読めません。 (もちろん父もです) ですが、びっくりなことに子供に(私に)ピアノを習わせ、子供が(私が)ずっとピアノをやめずに、今もなお […]
  • ピカピカの1年生たちピカピカの1年生たち 入学式から2週間ほど。 レッスンにお通いの新小学1年生たちは、年中さんから習っている子やいつも園の制服や体操服でピアノに来ていた子なので「1人で歩いて学校に行ってるんだ〜」と思 […]
  • 指使いの工夫で急がば回れ指使いの工夫で急がば回れ 楽譜に書いてある『指の番号』。 指使いは出版されている楽譜によって違うこともあるので、必ずしも楽譜通りでなくてもいいと思いますが、生徒さんが効率の悪い指の運び方をしているのはア […]
  • 斬新なクラシックアニメ斬新なクラシックアニメ 何やら… ベートーベンやモーツァルト、ショパンにバッハ、リスト… いろんな作曲家が登場するアニメと聞いていたNHKのアニメ『クラシカロイド』。 「音楽史のお勉強になるような […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加