ピアノの練習を習慣づける方法

2016年05月12日 ピアノの練習

 連休明けのレッスンでは、

「お指がちょっと寝起き(?)」

のような感じだったり…

逆に、

「レッスンを待ち構えていた」 かのように

たくさんを披露してくれたり…

連休中のお話しや、

慣れた学校のお話しを聞きながら、

久しぶりのレッスンなので

「前のレッスンを振り返る」

ことからすすめています⭐︎

少しずつお家で「弾く」習慣を

取り戻せるといいですね。

「弾く」習慣がつくまでは、

おうちの方のご協力が必要です。

「見守り」や「声かけ」

「時間の確保」

保護者の皆様いつも

ご協力ありがとうございます。
 
 習慣につながる例を

いくつかご紹介します⭐︎

 


①決まった時間に弾く

「朝に弾く」

「寝る前に弾く」

「帰ってきたら弾く」

「〇〇時になったら弾く」

「〇曜日は弾く」

毎日同じようにしてみるとそれが習慣につながります。

②「必ずあること」とセットにする

「夕飯の後に弾く」

「ママのお料理中に弾く」

「時間割の後に弾く」

「お風呂の前に弾く」

「レッスンの日は弾く」

 毎日同じスケジュールでない人向け。 

③言われたら必ず弾く

「自分から進んで」が理想ですが、「弾く」きっかけになるのなら声をかけてあげましょう(声をかけるタイミングや言われるのが嫌な子もいるので注意が必要)

④(はじめは)回数や時間を決めない

「週に〇回」「一日〇分」は習慣づいてない人にとって初めは難しいものです。「何を弾いたか」「どこを練習したか」の「質」が良ければ、のちに習慣へつながります。部分練習から始めて習慣づけに。

⑤(はじめは)たくさん弾かない

「まず練習ゼロをなくす 」

「一回だけ弾く」

「一箇所だけ弾く」

「一曲だけひく」

多くを望まずハードルを下げて、まさに「一からはじめる」⭐︎

⑥弾いたら「◯◯する」

「弾いた日に◯をつけましょう」

「弾いたらシールを貼りましょう」

ある程度の習慣が出来たら楽しめます。継続の確認に。 

お子様の性格や、ご家庭に合った練習習慣で、お子様を囲んでご家族で楽しめるピアノライフを送ってくださいね⭐︎

オススメ記事

  • ピアノ発表会に向けて着々と準備ピアノ発表会に向けて着々と準備 今日は最終的な演奏チェックでした。 ピアノ発表会では講師2人で連弾演奏をします。 皆様お楽しみに♪ 曲の世界観について気になっているところがあり、本番に向けて、2人のバラン […]
  • すぐに結果が出ないピアノのお稽古すぐに結果が出ないピアノのお稽古 ピアノには、長い時間をかけて身につく要素があります。 長い時間をかければかけるほど奥深さを知ることが出来ます。 「理想を求めて」 「課題を持って」 すぐに改善出来なくても […]
  • なんてピアノが下手なんだろうなんてピアノが下手なんだろう 来月のピアノ演奏に向けてショパンのエチュードと格闘中。 久しぶりに恩師のレッスンも受けました。 隙間の時間を見つけては練習、練習、練習…。 いつも「なんでこんなに下手なんだ […]
  • 指使いの工夫で急がば回れ指使いの工夫で急がば回れ 楽譜に書いてある『指の番号』。 指使いは出版されている楽譜によって違うこともあるので、必ずしも楽譜通りでなくてもいいと思いますが、生徒さんが効率の悪い指の運び方をしているのはア […]
  • すぐに結果が出るピアノのお稽古すぐに結果が出るピアノのお稽古 1日弾かなければ取り戻すのに3日かかると言われているピアノの練習。 スポーツなどのトレーニングでも同じことが言えます。 長年ピアノを弾いていると自分の指の「鈍り具合」はす […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加