ステージでピアノ演奏

2016年10月12日 ピアノの練習ブログ

弾いて→録音して→聴いて…

「イメージの音になってない」

また弾いて→弾いて→弾いて→録音して→聴いて…

「うーん」

シンプルな旋律なんだけど難しい。

今月ステージでピアノ演奏の機会があるので練習中。

「暗闇の中、不気味な感じで始まり、恐怖感の中に凄まじい迫力の魔王の登場…」

連弾演奏の相手のピアノ講師が先日行った演奏会で「私達が弾く曲、アンコール曲だったのよー」と言って客席で聴いていた時の感覚やイメージを伝えてくださったので、近づけるように2人で話し合いながら練習しています。

1人で練習する時もイメージを持って。

子供の頃、ピアノの先生から「この曲を聴いてどんな感じがする?」とよく聞かれていました。

いつも何かをイメージしていたように思えます。

「ミスなく弾くことだけを考えた演奏」と「イメージを持って弾く演奏」では、出す音がずいぶん違ってきます。

「不気味・恐怖・迫力」のことを聴いて、始めに弾いていた時より音は変わってきたけど…。

まだまだ追求してみようと思います。

オススメ記事

  • 進化してきたピアノレッスン進化してきたピアノレッスン ピアノを教え始めた新米講師の頃は今のようなレッスンスタイルでありませんでした。 今のレッスンはこれまでの経験から少しずつ生まれて積み重ねて試行錯誤を繰り返したものです。 そし […]
  • 数々のドラマがあるピアノオーディション数々のドラマがあるピアノオーディション 生徒さんのママから「悔し泣きしながら練習しています」とラインがきました。 伴奏者に選ばれなかったわけではないのです。 思い通り弾けなくて翌日のオーディションへのプレッシャーで […]
  • 赤ちゃんからピアノレッスンに親しむ赤ちゃんからピアノレッスンに親しむ 最近、レッスンに赤ちゃんが数名いらっしゃっています。 赤ちゃんと言っても0歳から1〜2歳までをザックリと「赤ちゃん」と呼んでいて、小さな生徒さんのピアノレッスンに付き添いで […]
  • 頑張る中高生✨頑張る中高生✨ 子供の頃から続けて、いつピアノのレッスンを終えよう…。私はその終える日が決められなくまだ続けています。 これまで教えた子は、「高校受験まで」「大学受験まで」「就活まで」と長く皆さ […]
  • レッスン2週間ぶりレッスン2週間ぶり 月曜日は、先週「勤労感謝の日」でレッスンがお休みでした。 このように祝日やレッスン回数の関係などで1週お休みになることがあると、 「久しぶり〜」となり、 子供さんの場合 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加