グループレッスンと個人レッスンどちらに?

2016年03月04日 お試しレッスンピアノ個人レッスンについて

習い始める時のお教室を選び。

『グループor個人』(どっち?)

どちらも気になる場合はまず先にグループレッスンを検討されることをおすすめします❗️

なぜなら、始める年齢や時期が決まっているのでそれを逃すと入れないからです❗️

グループレッスンはカリキュラムやテキストも素晴らしく、個人レッスンにはない良さがたくさんあります✨

のちにグループと個人を併用して手厚くレッスンを受けたり、

グループから個人へ変更することも可能です。

昨日は個人レッスンを任されているお教室にて「グループから個人への移行」を検討されている方のお試しレッスンがありました⭐︎

♪レパートリーの演奏

♪習った調の音階と和音

♪メロディに和音付け

♪音名唱も色んな調で歌え✨

♪私が準備してきた個人レッスンで使う本も楽しんでくれました❗️

個人レッスンへ移行された時の『お母様のご心配』はお子様の『譜読み』と『宿題の量』でした。

いつも横についてお家で練習をみてくださっている熱心なお母様。

そろそろ1人で練習して欲しいと思っているそうです。

私が担当する個人レッスンでは、

『自分で譜を読み、

自分で理解しながら、

1人で練習出来るように、

宿題や、レッスン内容も、

減らしたり、増やしたりしながら、

その子の理解をその都合確認し、

一人ひとりのペースに合わせて、

進めていくことが出来る』

ことをお話ししました⭐︎

グループレッスンから移行してきた場合「グループレッスンだからこそ習得出来きた力」を活かしながら

「グループレッスンでの内容も無駄にせず」レッスンを引き継いでいます❗️

そして、

ピアノ個人レッスンを始めたら

『楽譜の基本的なこと 』はもちろん

より深くピアノと向かい、

『ピアノ演奏』

『ピアノの音色』

『タッチ』のお勉強をします。

(希望があればグレード試験も引継ぎ勉強していけます)

春からのお稽古、お子様に合った「レッスン」「先生」を見つけられるといいですね⭐︎  

 

オススメ記事

  • ワークやドリルで音楽理論ワークやドリルで音楽理論 楽典とは「音楽の基礎的な理論」のこと。 もっと身近な言い方をすると「楽譜を読んだり書いたりするのに必要な決まり事」です。 この黄色の本、音楽を専門としている人なら必ずと言って […]
  • ピアノで国際交流ピアノで国際交流 以前教えていた高校生の生徒さんとのレッスンエピソード… 「留学するのでご挨拶代わりにピアノを弾いてみせようかと…、どの曲を弾いたらいいですか?」 何とも素敵なお考え✨‼️ […]
  • 同じ年齢の子は何の曲弾いているの?同じ年齢の子は何の曲弾いているの? 時々、保護者の方より「同じ学年の他のお子さんは何の曲を弾いてますか?どこまで進んでいますか?」とたずねられたり「自分の年齢ではもうこの曲は弾けました」と言われたりします。 […]
  • 動画アドバイスレッスン動画アドバイスレッスン ちょっと難しい曲をお勉強している生徒さんへは動画でアドバイスをしています。 有名曲だとユーチューブでも聴けるからみんな参考にしていますよね。 だけど、「手元が見えな~い」とか […]
  • さようならのあとにさようならのあとに レッスンの最後に音名で歌ったメロディを口ずさみながら帰っていきましたぁ〜🎵 レッスン中はおしゃべりもせずとても真面目な子。 「楽しんでくれてるのかしら?」と時々心 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加