グループレッスンと個人レッスンの違い

2016年03月31日 ピアノ個人レッスンについて

ピアノを習い始める前にまず考えるレッスン形態。

季節がら「グループと個人どっちがいいの?」と最近よく質問されます(^ ^)

「どのようなレッスンを受けながら鍵盤演奏を習得していくか」によるので良し悪しではなくそのレッスンに本人も含め家族で「満足出来るかどうか」です。

「グループレッスン」はカリキュラムとテキストが決まっていて、音楽を総合的に幅広く学び、将来「クラシック」「ポピュラー」「ジャズ」「作曲」など、いろんな方向へすすむ可能性も考えられています♪♪

後に個人レッスンを追加して併用していけば手厚くレッスンを受けていくことができます。

様々なジャンルの音楽を聴いたり、お友達の演奏を聴くことで聴く耳が育ち、お友達を意識することはモチベーションアップにつながります。

どちらを選んでも目指している先生の気持ちは同じです。

『音楽で心を豊かに』

『大人になっても身についた力が残るように』

カリキュラム以外に大きく違うのは「レッスン室の雰囲気」や「発表会などのイベント」です。

「個人レッスン」はピアノでレッスンを受けることから、『ピアノ』の音色やタッチについて学び、ピアノで表現しながら『ピアノ演奏』を学んでいくレッスンです♪♪

「小さい頃からピアノでレッスンを受けたい」

「小さい頃からピアノの音色に触れてほしい」

とお考えだったり

「子供のペースですすませたい」

「1人のステージ(発表会)も経験させたい」

と、希望される親御さんは「個人レッスン」を選択される方が多いようです。

個人レッスンは指導者によって「使うテキスト」「レッスン内容」「レッスンポリシー」などが様々。

なので、1度先生に会ってお話しを聞いたり、体験レッスンなどに出向かれることをおすすめします。

「この先生良さそう(ピン❗️)」

直感は大事です⭐︎

たくさんのステキな先生がおられ、魅力的なレッスンがあります♪

お子さんに合った「レッスン」「先生」を見つけるのはもちろん、

「保護者の方が納得いくレッスン(ピン!とくる)」をお選びくださいね。

「やすらぎ通りのピアノ教室」には現在3歳から60代までの生徒さんがいらっしゃいます。

どの年代、どのタイミングでも始められるのは個人レッスンの魅力です⭐︎
 

オススメ記事

  • 非認知能力を伸ばすために出来る事非認知能力を伸ばすために出来る事 便利でなんでも揃っている世の中で、「必要とされること」や「必要とされる人」になるためには人間力が必要だとか。 「既にあるもの」や「こうあるべき」と思われていることを違った視点で […]
  • 年少さんから習い始めるたくさんのメリット年少さんから習い始めるたくさんのメリット 年少さん~年長さんのピアノレッスン『幼児のためのピアノプレ・レッスン』。 年少さん・年中さん・年長さん、それぞれの年齢と成長に合わせたレッスンをしています。 年齢だけでなく、 […]
  • 幼児のためのピアノプレレッスン幼児のためのピアノプレレッスン 年少さんから年長さんまでのお子様を対象にした「ピアノプレ・レッスン」。 幼児のレッスンに「プレ」とつけているのはピアノを弾く前の大切な準備をしながら無理なく鍵盤の導入を行なって […]
  • 進化してきたピアノレッスン進化してきたピアノレッスン ピアノを教え始めた新米講師の頃は今のようなレッスンスタイルでありませんでした。 今のレッスンはこれまでの経験から少しずつ生まれて積み重ねて試行錯誤を繰り返したものです。 そし […]
  • 楽譜を見るだけの勉強ってこんなこと楽譜を見るだけの勉強ってこんなこと ピアノの演奏は、目で見た楽譜からの情報を、脳が理解して指令をだし、指を動かしながら、理想の音になっているか耳で確認し、目は次に出てくる音符を追いかけ……🌀 簡単 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加