すぐに結果が出るピアノのお稽古

2017年02月21日 ピアノの練習

1日弾かなければ取り戻すのに3日かかると言われているピアノの練習。

スポーツなどのトレーニングでも同じことが言えます。

長年ピアノを弾いていると自分の指の「鈍り具合」はすぐにわかります。

鈍りが戻る「手応え」もすぐに分かります。

『弾けば弾くだけ』『効率の良い練習をすればするほど』結果はすぐに自分自身に伝わってきます。

◎やればやるだけ身につく

◎頑張った分だけ自分に返ってくる

◎その先にある達成感

子供達にも『自分の力でつかみ取ること』をピアノを通して知ってほしいと思います。

オススメ記事

  • 生徒さんのご紹介お試しレッスン年中さん生徒さんのご紹介お試しレッスン年中さん 久しぶりにお試しレッスンをさせていただきました。 ママにピタッとくっついて恥ずかしそうに来てくれた子。 お試しレッスンでは先生だって「どんな子が来るのかな?」と緊張しているの […]
  • 遠くへ旅立つ日遠くへ旅立つ日 はじめて出会ったのは小学1年生。 レッスンを始めて少ししたら「今日から1人で帰ります」と。 まだランドセルがすごく大きく見える小さな生徒ちゃん。 その子が1人で帰る姿を見送 […]
  • 指使いの工夫で急がば回れ指使いの工夫で急がば回れ 楽譜に書いてある『指の番号』。 指使いは出版されている楽譜によって違うこともあるので、必ずしも楽譜通りでなくてもいいと思いますが、生徒さんが効率の悪い指の運び方をしているのはア […]
  • 音符フリガナは本当に便利?音符フリガナは本当に便利? 子供のレッスンにおいて、時々「どうしても覚えられない音符の譜読み」や「加線がたくさんついている音符」にカタカナでドレミを書き込むことがあります。 生徒さん自らギッシリ書き込んで […]
  • 幼児の親子グループレッスン幼児の親子グループレッスン ドキドキワクワクの親子グループレッスンを行いました! こんな機会は初めての年中さん年少さんや、春から習い始めてピアノ歴3ヶ月の生徒さんばかり。 どんな反応するか、ど […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加