すぐに結果が出ないピアノのお稽古

2017年02月22日 ピアノの練習

ピアノには、長い時間をかけて身につく要素があります。

長い時間をかければかけるほど奥深さを知ることが出来ます。

「理想を求めて」

「課題を持って」

すぐに改善出来なくても、忘れた頃に「理想に近づいてきている」という日が来るものです。

もどかしいけど、そこが究極の面白さだから追求していけるのでしょう。

ピアノだけでなく芸術やスポーツ、世の中にある色んなお仕事にも言えることだと思います。

「あきらめない」気持ち。

「これで満足しない」気持ち。

簡単に何でも手に入る世の中だからこそ、すぐにつかむことの出来ない価値をピアノのレッスンを通して伝えていきたいです。

オススメ記事

  • 江戸時代のシール貼りたいなぁ江戸時代のシール貼りたいなぁ 「かざぐるま」という曲を合格した年長さんの男の子。 合格シールを選んでいるときは、いつもワクワクしてくれるのに、なんだかしっくりこない様子なんです。… 「江戸時代のシール貼り […]
  • 初見でどんどん弾きたくなる初見でどんどん弾きたくなる 習い始めての7ヶ月の年長さん。 先週のレッスンでは初見でどんどん弾いて、どんどん進みました! テクニック曲は一曲が短いので、たくさんおうちでお母さんと練習してきたのかなぁと思 […]
  • お試しレッスン1年生お試しレッスン1年生 今週からレッスン開始することになった◯◯ちゃんは、これまで大手音楽教室のグループレッスンでレッスンを受けていました。 お試しレッスンでは教室の特色や先生の個性がしっかり伝 […]
  • オンラインレッスンで一人かるたとりオンラインレッスンで一人かるたとり 年始のレッスンは早速オンラインレッスンが大活躍♪ だけど、新年最初のレッスンは「音楽かるた」や「読み聴かせ」するのに、リモートで出来るかな?! かるたは、生徒さんが […]
  • 数々のドラマがあるピアノオーディション数々のドラマがあるピアノオーディション 生徒さんのママから「悔し泣きしながら練習しています」とラインがきました。 伴奏者に選ばれなかったわけではないのです。 思い通り弾けなくて翌日のオーディションへのプレッシャーで […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加