すぐに結果が出ないピアノのお稽古

2017年02月22日 ピアノの練習

ピアノには、長い時間をかけて身につく要素があります。

長い時間をかければかけるほど奥深さを知ることが出来ます。

「理想を求めて」

「課題を持って」

すぐに改善出来なくても、忘れた頃に「理想に近づいてきている」という日が来るものです。

もどかしいけど、そこが究極の面白さだから追求していけるのでしょう。

ピアノだけでなく芸術やスポーツ、世の中にある色んなお仕事にも言えることだと思います。

「あきらめない」気持ち。

「これで満足しない」気持ち。

簡単に何でも手に入る世の中だからこそ、すぐにつかむことの出来ない価値をピアノのレッスンを通して伝えていきたいです。

オススメ記事

  • みんながワクワクするクリスマス曲みんながワクワクするクリスマス曲 少し前からクリスマス曲を期間限定でみんなに弾いてもらっています。 メロディを弾いて、クリスマスツリーに飾り付けするように楽譜や音符に飾り付け。 昨日のレッスンでは「 […]
  • クリスマスピアノパーティクリスマスピアノパーティ レッスンでクリスマスの曲に取り組んでいる子供達。 一人一曲今年のクリスマス曲を選んでもらいました。 ピアノのレッスンを開始して、初めてのクリスマスを迎える子は「ジングルベル」 […]
  • 電子ピアノの使い方電子ピアノの使い方 生徒さんの中にはおうちのピアノが「電子ピアノ」の生徒さんもいます。 ピアノの先生としては、やっぱりアップライトピアノ(電源をいれない本物のピアノ)をお勧めします。 ですが、電 […]
  • お休みしたらピアノがこいしくなっちゃったお休みしたらピアノがこいしくなっちゃった 先週お休みした◯◯ちゃん。 弟くんの体調不良でママの送り迎えができなかったのでお休みでした。 ママからは「そんなにいつも練習している様子はないんだけど…」と聞いていますが、◯ […]
  • いっぱい持ってるこの魚いっぱい持ってるこの魚 ピアノ講師ラボで見たレッスンアイデア「おさかなセット」。 うちに同じような魚がたくさんあるのでびっくりしました。 考えられた先生は「不細工なおさかななのでみんな笑ってくれます […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加