〜母の日に思う〜「母がピアノに求めていたもの」

2016年05月09日 ブログ

私がピアノを習い始めたのは「自分は弾けないから弾けたら楽しそうだな」と思った母の判断です。

小さい頃いつも言われていた言葉は「すごいね」と「わからない」でした。

家で弾いてると「すごいね〜」と言ってのぞきこまれたり、

ピアノの本が新しくなると一緒に中身を確認してやっぱり「すごいね〜」。 

 そして

「〇〇ちゃんのお母さんみたいに教えてあげること出来ないから先生のお話をきちんと聞いておいでね」「聞かれても分からないよ」でした。

ピアノことが全くわからなかった私の母だけど…

いつも家でピアノを聴いている母の耳も私と一緒に育っていきました(?)

音のミスはもちろん、

曲の表現、

演奏テクニックの良し悪しまで、

自分は弾けないけど音楽が分かるようになっていきました。

大人になってからの本格的な演奏だって、ちょっとした間違いまで分かるように。(ごまかしたはずなのに)

そして、だんだん「すごいね」はなくなっていきました。(耳が肥えた?)

だけど「いいねぇ〜、ピアノが弾けて」とは今でも言われます。

母がピアノに求めていたものは、音楽の専門に進むことではなく「弾いて楽しむこと」でした。

ピアノだけでなく習い事には「求めるもの」や「習得して欲しいもの」があります。

 
大切なお子様を「この先生にお願いしよう」と信頼してお預けになってくださっている方々の「求めるもの」をくみ取りながら、今週もレッスンを楽しみたいです♪♪ 

オススメ記事

  • リトミック体験会をしましたリトミック体験会をしました 高宮駅すぐ!ピアノの先生がする「リトミックと絵本と音楽」 ~あきのどんぐりリトミック~ かわいい4組の親子さんが来てくださいました♪ 「どんぐりひろいに歩いたり」「お馬さん […]
  • 日曜日は朝からお勉強日曜日は朝からお勉強 時々、日曜日に勉強会や研修に出かけています。 いろんな予定が重なったのですが、午前は研修へ、午後は自分のレッスンで一日を過ごしました。 自分のレッスンとは、私が定期的に受けて […]
  • ピアノの先生がするリトミックと絵本と音楽ピアノの先生がするリトミックと絵本と音楽 今回は6組のお子さんとママがご参加くださいました。 そして、幼稚園が春休みに入っていることもあり上の子お子さんもご一緒に。 参加してくださる子の年齢幅が広いので急遽内容を見直 […]
  • そこに音はないけど心で感じて表現するそこに音はないけど心で感じて表現する 発表会に向けて最後の仕上げをしている生徒さんたち。 本番までは曲の中身を出来る限りじっくり奥深く考えていきます。 昨日のレッスンで、休符について考えてみた小学生の生徒さん。 […]
  • 時代とともに変化しているピアノレッスン時代とともに変化しているピアノレッスン お盆休み、学生時代の懐かしい友人と会い、思い出話と近況報告であっという間のおしゃべりタイムでした。 私が子供の頃は学校のクラス数も多くクラスのほとんどの女の子はピアノを習ってい […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加