「ピアノを習おう」「習わせてみよう」と思うお気持ち

2016年12月07日 ブログ

♪「ピアノをさわりたがっているようなんです」

♪「オモチャのピアノでずっと遊んでいます」

♪「知っている曲の音を自分でさがしています」

♪「何度も習いたいと言っています」

 
小さいお子さんがピアノを習いはじめる時、お子さんのピアノへの興味を目の当たりにして「ではピアノをさせてみようか♪」ということに。

皆さんから、ピアノに興味を持っているお子様のことを聞くと大変嬉しくなります。

どのタイミングでピアノ教室の門をたたくかは、小さいお子様の場合保護者の方のご判断です。

不安もおありだと思いますが目の前でピアノへの興味を示している我が子を見ているとお子様の将来お姿に期待で夢が膨らんでこられることでしょう。

もし保護者の方が「いつまで続くかわからない」というお気持ちがあるうちは、まだレッスンは見送った方がいいと思います。

これまでの経験から、長く続けていかれる方で習い始めるときにそのようなお気持ちの方はいませんでした。

まずはお子様を信じて将来を期待していただきたいと思います。

きっと「今のタイミングだ」と確信して思える時期がきます。

一般的に言われている「ピアノ開始年齢」は1つの目安です。

生徒さんの中には小学生になってから初めて習い始めるお子様もたくさんいらっしゃいます。

ピアノの個人レッスンでは、習い始めるタイミングや年齢に合わせてレッスンを組み立てますので、お子様の「ピアノへの想い」保護者の方が抱く「お子様への期待」で良いタイミングを見つけていただきたいです。

オススメ記事

  • ステージマナーのおけいこステージマナーのおけいこ 発表会まで一カ月を切るとお辞儀の練習や本番での動きについてレッスンの中で毎週お話するようにしています。 今回初めて発表会に参加される小さな子の中にはこの練習を恥ずかしそうにして […]
  • 失敗から学ぶ大切さ失敗から学ぶ大切さ 「これも弾いてきました〜♪」といつも自分で次のページの曲まで予習してくる3年生の生徒さん。 自分で「この曲って…こうかな…♪」と譜を読んで弾きながら自分の力で新しい曲に出会える […]
  • 自分の力でピアノを弾くために自分の力でピアノを弾くために ある保護者の方とのお話の中で「気がついたら自然と読みながら弾けるようになっていたからどうやって楽譜を読めるようになったのか…。」とお聞きしたことがあります。 低学年の頃でしょう […]
  • ピアノコンクールをめざしてピアノコンクールをめざして 発表会が終わってホッとしていますが、まだ継続して緊張感のあるレッスンを受けている子がいます。 コンクールで腕試しする生徒さんです。 いつも練習を頑張って、弾くのが大好き、やる […]
  • ごあいさつの儀式に隠された想いごあいさつの儀式に隠された想い 「あれ?あいさつしてないような?」と言ってくれたのは生徒さん。 すっかりお話に夢中で始まりのごあいさつを忘れて楽譜のことに触れはじめたわたくしに生徒さんからのご指摘が。 失礼 […]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加